ブックオフオンライン
Home > 週刊少年ジャンプ > 酒留清彦さんの追悼式は勘違い

酒留清彦さんの追悼式は勘違い

2008/08/18 
[ピューと吹く!ジャガー]
ソウゾウドウ

酒留清彦さんが憧れの山田サヤカさんとの夏祭りデート中、自身の追悼式に遭遇するという珍事がおこった。

事の発端は、清彦さんの置手紙。「帰りは遅くなるかも… まぁわかんないけど。とりあえず行ってきます!」の文面から、同居人のジャガージュン市さんが清彦さんの自殺を連想。故人を偲ぶ形で、ふたりが所属するガリクソンプロダクションのフエ科の面々とともに追悼式を行ってしまったようだ。

追悼式では、清彦さんのギターや、清彦さんの顔出しパネルに年表まで用意。スライドショーで清彦さんの人生を振り返っていた最中に、清彦さんが登場。無事すべてが勘違いであることが判明した。

追悼式会場では、安否を気遣っていたジャガーさんが、清彦さんを想うあまりに思わず頬を張るシーンも。
清彦さんも、涙ぐみながら再会を喜ぶフエ科メンバーたちとの熱い友情を再確認した様子。
一緒にいたはずのサヤカさんの姿が見えないことが、唯一の気がかりだろうか。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

ソウゾウドウ(34) 週刊少年ジャンプ

Wikipedia情報:ピューと吹く!ジャガー

ブックオフオンライン