ブックオフオンライン
Home > 週刊少年チャンピオン > 根元選手、里中投手から同点本塁打

根元選手、里中投手から同点本塁打

2008/08/08 
[ドカベン スーパースターズ編]

6月27日の東京スーパースターズ対千葉ロッテマリーンズ戦で、3回にロッテの根元選手がソロ本塁打を放ち、試合を振り出しに戻した。

東京の1点リードで迎えた2回表、ロッテは4・5・6番が里中投手の前に三者三振。唐川投手も、打者を2ストライクに追い込むのがうまい里中投手を見て、2回裏を三者凡退に抑えた。

3回表、先頭サブロー選手は三塁ライナー、大塚選手は三振に倒れ、里中投手は完全に調子を上げてきたと思われたが、9番の根元選手がライトスタンドに同点本塁打をたたき込んだ。

実はこの試合、山田捕手が一番警戒していたのは根元選手であったという。根元選手は規定打席には達していないものの、打率.348と首位打者級の打撃を見せていた。この一発によって、試合の行方は全くわからなくなってきたと言えるだろう。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

マシュー(20) 週刊少年チャンピオン

Wikipedia情報:ドカベン スーパースターズ編
ドカベン スーパースターズ編
『ドカベン (スーパースターズ編)』より : 『ドカベン スーパースターズ編』は、水島新司の野球漫画。『週刊少年チャンピオン』にて2004年6号から2012年17号まで連載された。 『ドカベン』『大甲子園』および『ドカベン プロ野球編』の続編である。 『ドカベン プロ野球編』終盤においてFA宣言した「山田世代」の選手たちが、2004年、新しくパ・リーグに創設された2球団「東京スーパースターズ」と「四国アイアンドッグス」とに相分かれる。 スーパースターズは東京ドームを本拠地とし、監督は土井垣将。山田太郎・岩鬼正美ら明訓五人衆が入団する。一方アイアンドッグスは本拠地を松山坊っちゃんスタジアムに置き、犬飼小次郎が監督となる。不知火守・土門剛介ら高校時代のライバル達が入団する。 山岡・緒方・足利・国定・木下(わびすけ)・フォアマン・賀間・隼などの、かつてのチームメイトやライバルたちもプロ野球に参戦、熱戦を繰り広げる。 さらに、2005年には『一球さん』の真田一球と呉九郎が東北楽天ゴールデンイーグルスに、元東海高校の雲竜大五郎が四国アイアンドッグスに、2006年には、元弁慶高校の義経光が東京スーパースターズにそれぞれ入団した。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン