ブックオフオンライン
Home > 週刊少年チャンピオン > 根元選手、里中投手から同点本塁打

根元選手、里中投手から同点本塁打

2008/08/08 
[ドカベン スーパースターズ編]

6月27日の東京スーパースターズ対千葉ロッテマリーンズ戦で、3回にロッテの根元選手がソロ本塁打を放ち、試合を振り出しに戻した。

東京の1点リードで迎えた2回表、ロッテは4・5・6番が里中投手の前に三者三振。唐川投手も、打者を2ストライクに追い込むのがうまい里中投手を見て、2回裏を三者凡退に抑えた。

3回表、先頭サブロー選手は三塁ライナー、大塚選手は三振に倒れ、里中投手は完全に調子を上げてきたと思われたが、9番の根元選手がライトスタンドに同点本塁打をたたき込んだ。

実はこの試合、山田捕手が一番警戒していたのは根元選手であったという。根元選手は規定打席には達していないものの、打率.348と首位打者級の打撃を見せていた。この一発によって、試合の行方は全くわからなくなってきたと言えるだろう。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

マシュー(20) 週刊少年チャンピオン

Wikipedia情報:ドカベン スーパースターズ編

ブックオフオンライン