ブックオフオンライン
Home > 週刊少年マガジン > オープニングブローは、宮田選手

オープニングブローは、宮田選手

2008/07/30 
[はじめの一歩]
てぬぐい

東洋太平洋フェザー級王座統一戦のゴングが鳴らされた。

リング中央でのシェイクハンドを指示するレフェリーに対し、宮田・ランディの両選手は開始直後から戦闘体制をとり、慎重に距離を測る緊張の幕開けとなった。

張り詰めた空気を先に打ち破ったのは宮田選手、カウンターパンチャー独特の待ちの戦法を捨て、一瞬の飛込みからランディ選手の左フックを鮮やかにかわし、会心の左フックでカウンターを決めた。

宮田選手のカウンターは、一撃で試合を決める威力を持つだけに、圧倒的優位に立ったと言えそうだ。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン

Wikipedia情報:はじめの一歩
はじめの一歩
『はじめの一歩』(はじめのいっぽ)は、ボクシングを題材とした森川ジョージによる日本の漫画作品。1989年から『週刊少年マガジン』(講談社)で連載中。各話数の通し番号の表記はそれぞれ「Round.○○」。 作品概要 母子家庭のいじめられっ子であり、釣り船屋を親子で支えている主人公・幕之内一歩が、プロボクサー鷹村守との出会いをきっかけに鴨川ボクシングジムに入門。「強いとは何か?」という問いの答えを求め、プロボクサーとして、また人間としても成長していく過程を、周囲との交流やライバル達との戦いを通じて描いてゆく。主人公のみならず脇役である仲間やライバル達の戦いも詳細に描いている点が特徴的であり、作者は「登場人物全員が主人公です」とコメントしている。 登場人物の多くにボクシングの歴史を彩った実在選手の姿が投影されている。作者自身も実際にボクシングジムのオーナーで著名なプロボクサー達と親交があり、『週刊少年マガジン』誌上でも若手を応援するコメントなどを載せている。
はじめの一歩の登場人物
はじめの一歩の登場人物(はじめのいっぽのとうじょうじんぶつ)では、森川ジョージ原作の漫画『はじめの一歩』の登場人物を記述する。 (声優)は特記がない限り、アニメ版で演じた声優。 鴨川ボクシングジム 作品開始時点で過去に日本チャンピオン2人、東洋太平洋チャンピオン1人を輩出している。現在はジュニアミドル級・ミドル級2階級制覇の世界王者とフェザー級世界ランカーの他に日本ランカー3名を擁しており、中堅規模の強豪ジムとして知られている。練習が厳しい事でも有名。練習生は約20〜30名、在籍プロボクサーは5名。 幕之内 一歩(まくのうち いっぽ) 声:喜安浩平、 國立幸(Risingでの幼少期)/ 三木眞一郎(ドラマCD) 本作の主人公。元日本フェザー級チャンピオン、WBCフェザー級世界7位。 鷹村 守(たかむら まもる) 声:小山力也 /梁田清之(ドラマCD) 現WBC世界ミドル級チャンピオン、元WBC世界ジュニアミドル級チャンピオン。
はじめの一歩 間柴vs木村 死刑執行
『』より :
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン