ブックオフオンライン
Home > 週刊少年ジャンプ > 坂田銀時さんと夜王鳳仙さんの戦闘激化

坂田銀時さんと夜王鳳仙さんの戦闘激化

2008/07/29 
[銀魂]
ソウゾウドウ

天人(あまんと)の中でも最強の戦闘部族と呼び声が高い夜兎族。その中でも「夜王」として君臨する鳳仙さんが、自身の身長を超えるほどの傘を武器に、坂田銀時さんを追い詰めている。

「万事屋(よろずや)銀ちゃん」という何でも屋を営んでいる坂田さんは、吉原桃源郷最高の花魁である「日輪(ひのわ)」さんを救出に向かう途中、この地を治める楼主である鳳仙さんに、自ら喧嘩を売った模様。

鳳仙さんの想像を絶する怪力に翻弄される坂田さん。吉原自警団「百華(ひゃっか)」の頭である「月詠(つくよ)」さんより預かったキセルで右目を突き、一時は形成を逆転したかに見えたが、反撃はそこまで。死に体となっているところへ蹴りをもろに喰らってしまった。壁にめり込むほどの威力で、坂田さんの生死は不明。

多くの逆転劇を繰り広げてきた坂田さんの奇跡の復活を待ちたい。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

ソウゾウドウ(34) 週刊少年ジャンプ

Wikipedia情報:銀魂
銀魂
『銀魂』(ぎんたま)は、空知英秋による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2004年2号より連載中。 作者の初連載作品であり、SF時代劇の体裁をとった人情コメディストーリー漫画。作者はこの作品の属性を「SF人情なんちゃって時代劇コメディー」と表現している。単行本は2016年3月現在、第63巻まで刊行。 話数カウントは「第○訓」(○には漢数字が入る)となっており、各話のサブタイトルは長く、漫画本編の内容を意識した教訓的な物・作者の素朴な疑問・ことわざ・ツッコミ等が付けられている。主人公が周囲の面々と繰り広げるドタバタギャグがストーリーの基本路線ではあるが、感動を誘う人情話・バトルなどによるシリアスな展開になる事も多い。将軍暗殺篇以降は連続した長編が続いており、所々にギャグを挟みつつも、物語のクライマックスに向けたシリアスな作風になっている。また「主人公以外の人物が中心となって進行する」「主人公が全く登場しない」エピソードも多く見られる。主人公を始めとした多くの登場人物が必殺技を持たないのも特徴。
銀魂の登場人物一覧
銀魂の登場人物一覧(ぎんたまのとうじょうじんぶついちらん)では、空知英秋作の少年漫画『銀魂』に登場する架空のキャラクターについて解説する。身長・体重・誕生日などは判明しているキャラクターのみ表記する。 登場人物の名前は実在していた幕末の著名人物達からの借用が多い。 かぶき町の住人とその関係者 万事屋 坂田銀時(さかた ぎんとき) 声 - 杉田智和、戸松遥(女性変身時)(幼少期:矢口アサミ) 本作の主人公。江戸はかぶき町にて万事屋(何でも屋)を営む侍。 志村新八(しむら しんぱち) 声 - 阪口大助(幼少期:高森奈津美) 本作の準主人公。侍魂を学ぼうと銀時の下で働く少年。 神楽(かぐら) 声 - 釘宮理恵、石井康嗣(男性変身時) 本作のヒロイン。宇宙で最強と言われている夜兎族の少女。以上3名は各人の項目を参照。 定春(さだはる) 声 - 高橋美佳子 神楽の飼っている巨大犬型宇宙生物。 スザンヌ/Ω美(オメみ) 定春が拾い食いした人形。神楽不在時の代理メンバー。 過去の従業員 金丸(かねまる) 声 - 立川三貴 池沢(いけざわ) 声 - 杉山育美 古橋(ふるはし) 万事屋の血縁者 志村妙(しむら たえ) 声 - ゆきのさつき 新八の姉。
銀魂-ぎんたま-
『銀魂』より : 『銀魂』(ぎんたま)は、空知英秋による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2004年2号より連載中。 作者の初連載作品であり、SF時代劇の体裁をとった人情コメディストーリー漫画。作者はこの作品の属性を「SF人情なんちゃって時代劇コメディー」と表現している。単行本は2016年3月現在、第63巻まで刊行。 話数カウントは「第○訓」(○には漢数字が入る)となっており、各話のサブタイトルは長く、漫画本編の内容を意識した教訓的な物・作者の素朴な疑問・ことわざ・ツッコミ等が付けられている。主人公が周囲の面々と繰り広げるドタバタギャグがストーリーの基本路線ではあるが、感動を誘う人情話・バトルなどによるシリアスな展開になる事も多い。将軍暗殺篇以降は連続した長編が続いており、所々にギャグを挟みつつも、物語のクライマックスに向けたシリアスな作風になっている。また「主人公以外の人物が中心となって進行する」「主人公が全く登場しない」エピソードも多く見られる。主人公を始めとした多くの登場人物が必殺技を持たないのも特徴。
銀魂 -ぎんたま-
『銀魂』より : 『銀魂』(ぎんたま)は、空知英秋による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2004年2号より連載中。 作者の初連載作品であり、SF時代劇の体裁をとった人情コメディストーリー漫画。作者はこの作品の属性を「SF人情なんちゃって時代劇コメディー」と表現している。単行本は2016年3月現在、第63巻まで刊行。 話数カウントは「第○訓」(○には漢数字が入る)となっており、各話のサブタイトルは長く、漫画本編の内容を意識した教訓的な物・作者の素朴な疑問・ことわざ・ツッコミ等が付けられている。主人公が周囲の面々と繰り広げるドタバタギャグがストーリーの基本路線ではあるが、感動を誘う人情話・バトルなどによるシリアスな展開になる事も多い。将軍暗殺篇以降は連続した長編が続いており、所々にギャグを挟みつつも、物語のクライマックスに向けたシリアスな作風になっている。また「主人公以外の人物が中心となって進行する」「主人公が全く登場しない」エピソードも多く見られる。主人公を始めとした多くの登場人物が必殺技を持たないのも特徴。
銀魂 (アニメ)
『銀魂』(ぎんたま)は、『週刊少年ジャンプ』に連載中の空知英秋の少年漫画『銀魂』を原作としたテレビアニメ作品。 なお本項目では公式情報に基づき、2006年-2010年に放送された「銀魂」を第1期、2011年-2012年に放送された「銀魂’」を第2期、2012年-2013年に放送された「銀魂’延長戦」を第2期延長戦、2015-2016年にかけて放送されている「銀魂゜」を第3期と表記する。 これまで数か月から数年程度の放送休止(あるいは「放送終了」)期間を挟みつつ、下記の通り2つのテレビシリーズと「延長戦」が作られている。また、2015年4月から新シリーズが放送開始となった(付随し、2つの劇映画・イベント用ムービーもつくられている)。より詳細な流れは#沿革の節を参照。 テレビシリーズ第1期 2006年4月4日から2010年3月25日まで放送された。原作第1巻から第34巻冒頭までの内容がアニメ化されている。 『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』をもってアニメ版は〝一旦終了〟とされ、終了後はセレクション再放送『よりぬき銀魂さん』を放送。
銀魂でぃ〜えす・万事屋大騒動!
『銀魂でぃ〜えす・万事屋大騒動!』(ぎんたま よろずやだいそうどう)は、2006年9月21日、ニンテンドーDSで発売された、「銀魂的生活シミュレーション」を目的としたゲームである。
100万円の借金を返済するために万事屋メンバーが奮闘する物語。ある条件を満たせば真選組等の別キャラも操作できる。
: 坂田銀時・志村新八・神楽 (銀魂) 神楽(・定春)
: 桂小太郎(・エリザベス)
: 土方十四郎・沖田総悟
()は1部イベントのみ
銀魂 ていえすよろすやたいそうとう
ニンテンドーDS用ソフト
2006年のコンピュータゲーム
シミュレーションゲーム
キャラクターゲーム

銀魂の登場人物一覧/log20080904

銀魂/log20081129

銀魂の主要でない登場人物
『』より :
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン