ブックオフオンライン
Home > 週刊少年マガジン > 千堂武士と宮田一郎とのスパーリングが実現

千堂武士と宮田一郎とのスパーリングが実現

2008/04/10 
[はじめの一歩]
河野

前日本フェザー級チャンピオンの千堂武士が上京し、現東洋太平洋フェザー級チャンピオン、WBC同級5位の宮田一郎(川原ボクシングジム所属)のスパーリングパートナーを務めることが発表された。

宮田さんはランディー・ボーイ・Jr.との試合を控えており、アッパーの得意なボクサーとのスパーリングを望んでいた。スマッシュ*が得意技の千堂さんは最適のパートナーだと、現日本フェザー級チャンピオンの幕之内一歩さんはコメントした。

千堂さんは「浪速の虎」「浪速のロッキー」の異名でファンに愛されている(なにわ拳闘会所属)。

*スマッシュ
フックとアッパーの中間の、斜め下から突き上げる強打のこと。元ヘビー級統一チャンピオンマイク・タイソンと2度死闘を繰り広げたドノバン・”レーザー”・ラドックの得意パンチとして広く知られている。千堂武士は破壊力を増した、利き腕のスマッシュも使う。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

河野(177) 週刊少年マガジン

Wikipedia情報:はじめの一歩

ブックオフオンライン