ブックオフオンライン
Home > 週刊少年チャンピオン > ルーキー唐川投手、スーパースターズ戦で先発

ルーキー唐川投手、スーパースターズ戦で先発

2008/07/21 
[ドカベン スーパースターズ編]

千葉ロッテマリーンズの高卒ルーキー・唐川侑己投手(19)が、6月27日の東京スーパースターズ戦で先発登板した。

この日はローテーション通り中西球道投手(31)の先発が予想されていたが、直前での登板回避となった。このことについて、中西投手とロッテの選手たちはノーコメントを貫いている。

唐川投手によると、自分が投手を始めたのは山田太郎選手がきっかけだという。9年前に西武時代の山田選手がロッテの小野晋吾投手から逆転本塁打を放ったのを見て、自分が投手となって山田選手を抑える、と心に誓ったとのこと。

婚約したことが前日に報道された東京先発・里中智投手は、殿馬一人二塁手・岩鬼正美三塁手のファインプレーにも助けられ、1回を三者凡退に抑えた。1番打者である岩鬼選手は、先頭打者本塁打を放つと意気込んでおり、唐川投手が悪球打ちで知られる岩鬼選手にどう立ち向かうのか、注目が集まっている。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

マシュー(20) 週刊少年チャンピオン

Wikipedia情報:ドカベン スーパースターズ編
ドカベン スーパースターズ編
『ドカベン (スーパースターズ編)』より : 『ドカベン スーパースターズ編』は、水島新司の野球漫画。『週刊少年チャンピオン』にて2004年6号から2012年17号まで連載された。 『ドカベン』『大甲子園』および『ドカベン プロ野球編』の続編である。 『ドカベン プロ野球編』終盤においてFA宣言した「山田世代」の選手たちが、2004年、新しくパ・リーグに創設された2球団「東京スーパースターズ」と「四国アイアンドッグス」とに相分かれる。 スーパースターズは東京ドームを本拠地とし、監督は土井垣将。山田太郎・岩鬼正美ら明訓五人衆が入団する。一方アイアンドッグスは本拠地を松山坊っちゃんスタジアムに置き、犬飼小次郎が監督となる。不知火守・土門剛介ら高校時代のライバル達が入団する。 山岡・緒方・足利・国定・木下(わびすけ)・フォアマン・賀間・隼などの、かつてのチームメイトやライバルたちもプロ野球に参戦、熱戦を繰り広げる。 さらに、2005年には『一球さん』の真田一球と呉九郎が東北楽天ゴールデンイーグルスに、元東海高校の雲竜大五郎が四国アイアンドッグスに、2006年には、元弁慶高校の義経光が東京スーパースターズにそれぞれ入団した。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン