ブックオフオンライン
Home > 週刊少年マガジン > 零くんらが「鏖の魔女」をクリアー

零くんらが「鏖の魔女」をクリアー

2008/07/18 
[賭博覇王伝 零]
武士

失敗すると即死亡、という高難度アトラクション「鏖(みなごろし)の魔女」を宇海零くんら21人が無事クリアーした模様。

「鏖の魔女」は魔女からの出される暗号を元に、罠を防ぎきればクリアーというもの。魔女の呪いは全部で3つ。そしてその呪いを解くための鍵である暗号はすべてダジャレで構成されていた。

ひとつ目の呪いは迫ってくる「槍」を数字入力をすることで解除する、というものであったが、暗号の「死者の誤入」、つまり「四捨五入」した数字を入力することがヒントであった。

ふたつ目の呪いは「矢」が部屋の壁全体から発射されるというものであったが、こちらも暗号の「司法」、つまり「4方を守る」、ということで鉄板で自分たちの周り、4方向を守ることがヒントであった。

そして、3つ目の呪いは暗号は「誤報」ということで、4方向以外の「5方」つまり5方向目を守るというヒントであった。ちなみに5方向目は天井と床のことで、まず天井より縄が落下、その後床が抜ける、という罠だった。
これには「誤報」そのものの意味もかかっており、縄で終わり、ということで安心していると縄自体は「誤報」なので、次の罠で下に落ちて死んでしまう、ということになる。

零くんらは無事この暗号をすべて解読し、「鏖の魔女」をクリアーした。
また、このダジャレ暗号を考えた人物は今のところ不明である。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

武士(221) 週刊少年マガジン

ブックオフオンライン