ブックオフオンライン
Home > 週刊少年ジャンプ > ナルト、妙木山での修行へ

ナルト、妙木山での修行へ

2008/07/14 
[NARUTO]
武士

木の葉の忍者、うずまきナルトさんが新たな修行に入ることが判明した。
ナルトさんの師匠である自来也さんを倒したペインさんを倒すために仙術の修行に入るようだ。

さらに、今回の修業は自来也さんの師匠であるガマ仙人が自来也さんにたたきこんだというスペシャルコースとのことで、ナルトさんのさらなるパワーアップが期待されている。

それに対し敵対する「暁」では、自来也さんを倒し、何度死んでも生き返るという能力を持つペインさん自らが木の葉の里せん滅のため動き出した。
現在木の葉の里では自来也さんが最後に残したメッセージを解読し、ペインさんの謎を解くための研究が急がれている。

また、うちはサスケさんが率いる「鷹」も八尾の人柱力を求め「雷の国」に訪れているようだ。
「木の葉」「暁」「鷹」三つ巴の戦いがますます激化すると思われ、今後の動向に注目が集まっている。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

武士(221) 週刊少年ジャンプ

Wikipedia情報:NARUTO
NARUTO
『NARUTO -ナルト-』より : 『NARUTO -ナルト-』(ナルト)は、岸本斉史による日本の漫画作品。またこれを原作とするアニメ、ゲームなどの作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1999年43号から2014年50号まで連載された。全700話で、単行本は全72巻と外伝1巻。 忍同士が超常的な能力を駆使したド派手な戦いを繰り広げるバトルアクション漫画。主人公と仲間との友情、裏切りと復讐、師弟や家族の絆が中心として描かれ、忍の世界とその起源・歴史を含めた重層的な世界観、民話や伝承や宗教のオマージュを巧みに取り込んだ設定となっている。一方でナルトが中盤以降、単に戦いではなく“対話”と“許し”で平和をもたらそうとするなど一種の“少年漫画らしからぬ”要素も含まれるようになり、読者からの支持が高い「ペイン編」で、ナルトが師の自来也を殺したペインと対話し、和解するという描き方は「ある意味でタブー(苦笑)。
NARUTO -ナルト-の術
作中に登場した作戦名、ゲームだけに登場した術、作中で一切確認できない術は掲載の対象になりません。 attention}}
NARUTO -ナルト-の術では、漫画『NARUTO -ナルト-』およびテレビアニメの『NARUTO -ナルト- (アニメ) NARUTO -ナルト-』、『NARUTO -ナルト- 疾風伝』、劇場版の術を解説する。
術は基本的に「忍術」「体術」「幻術」の三種の術を基本として、それ以外に「呪印術」「封印術」「秘伝」の特殊な会得手段を必要とする術、「血継限界」のように遺伝により継承させる特殊能力を利用する術、一代限りの特異体質でしか使用できない術もある。
体術も含んでいるため「技」に近いような術もあることに注意する。
また前述のように『NARUTO』の忍者というのは、現実的な忍者とはかけ離れているため術も現実的なものではないものが多い。そのため実在した忍術とは忍者の存在を疑わせるほどかけ離れており、忍術というよりは霊能力のようなものが多くある。

NARUTO -ナルト-
『NARUTO -ナルト-』(ナルト)は、岸本斉史による日本の漫画作品。またこれを原作とするアニメ、ゲームなどの作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1999年43号から2014年50号まで連載された。全700話で、単行本は全72巻と外伝1巻。 忍同士が超常的な能力を駆使したド派手な戦いを繰り広げるバトルアクション漫画。主人公と仲間との友情、裏切りと復讐、師弟や家族の絆が中心として描かれ、忍の世界とその起源・歴史を含めた重層的な世界観、民話や伝承や宗教のオマージュを巧みに取り込んだ設定となっている。一方でナルトが中盤以降、単に戦いではなく“対話”と“許し”で平和をもたらそうとするなど一種の“少年漫画らしからぬ”要素も含まれるようになり、読者からの支持が高い「ペイン編」で、ナルトが師の自来也を殺したペインと対話し、和解するという描き方は「ある意味でタブー(苦笑)。
NARUTO-ナルト-
『NARUTO -ナルト-』より : 『NARUTO -ナルト-』(ナルト)は、岸本斉史による日本の漫画作品。またこれを原作とするアニメ、ゲームなどの作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1999年43号から2014年50号まで連載された。全700話で、単行本は全72巻と外伝1巻。 忍同士が超常的な能力を駆使したド派手な戦いを繰り広げるバトルアクション漫画。主人公と仲間との友情、裏切りと復讐、師弟や家族の絆が中心として描かれ、忍の世界とその起源・歴史を含めた重層的な世界観、民話や伝承や宗教のオマージュを巧みに取り込んだ設定となっている。一方でナルトが中盤以降、単に戦いではなく“対話”と“許し”で平和をもたらそうとするなど一種の“少年漫画らしからぬ”要素も含まれるようになり、読者からの支持が高い「ペイン編」で、ナルトが師の自来也を殺したペインと対話し、和解するという描き方は「ある意味でタブー(苦笑)。
NARUTO -ナルト-の登場人物一覧
NARUTO -ナルト-の登場人物(ナルトのとうじょうじんぶつ)では、漫画『NARUTO -ナルト-』『七代目火影と緋色の花つ月』、およびそれを原作にした同名のアニメ(第一部、第二部の疾風伝)に登場する架空の人物を列挙する。 木ノ葉隠れの里(火の国) 班 = カカシ班(第七班) = カカシ・ナルト・サスケ・サクラの四人一組(フォーマンセル)。サスケが里を抜けナルトが修行に出てからは一時解散状態となり、ナルトが戻ってからは隊長代行としてヤマトが、補充要員としてサイが加わる。ナルト・サスケ・サクラの三人は、それぞれ伝説の三忍に師事していたことがある。 うずまきナルト 声 - 竹内順子、演 - 屋良朝幸、松岡広大 本作の主人公。体に尾獣の一体・九尾の妖狐を宿している人柱力。 うちはサスケ 声 - 杉山紀彰、東山奈央(乳児期・幼児期)、演 - 町田慎吾、佐藤流司 ナルトの親友でありライバル。うちは一族の末裔。第二部からは抜け忍となりナルト達と一度は敵対するも、第四次忍界大戦にて復帰。
NARUTO -ナルト- 疾風伝
タイトル=NARUTO -ナルト- 疾風伝
サイズ=
説明=
ジャンル=忍者
タイトル=
原作=
監督=伊達勇登
企画=
シリーズ構成=武上純希(1話 - )西園悟(1話 - 53話)鈴木やすゆき(54話 - 71話)
脚本=西園悟(1話 - 53話)
キャラクターデザイン=西尾鉄也鈴木博文
メカニックデザイン=
アニメーション制作=ぴえろ studioぴえろ
製作=テレビ東京studioぴえろ
放送局=テレビ東京系列局 ほか
放送開始=2007年2月15日
放送終了=放送中
話数=

NARUTO -ナルト- (アニメ)
『NARUTO -ナルト-』(ナルト)は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載されていた岸本斉史の漫画『NARUTO -ナルト-』を原作としたテレビアニメ。 登場人物とそれを演じる声優については、NARUTO -ナルト-の登場人物を参照。 2007年2月15日からは、『NARUTO -ナルト- 疾風伝』のタイトルで第2期が放送されている。 製作会社はstudioぴえろ。2002年10月3日からテレビ東京系列6局にて放送され、同系列のBSデジタル放送局であるBSジャパンや、系列外の多くの局でも放送された。 2002年10月3日のスタート当初は毎週木曜日18時30分から19時00分だったが、2003年4月2日からは、毎週水曜日19時27分から19時55分に枠移動した(同じくジャンプ原作の『ヒカルの碁』の後番組)。その後、2006年10月から毎週木曜日19時30分から19時57分に枠移動した。木曜19時30分枠にアニメが放送されるのは1993年9月まで放送されていた『風の中の少女 金髪のジェニー』以来13年ぶりとなった。
NARUTO -ナルト- (ラジオ)
NARUTO -ナルト- (ラジオ)では、テレビアニメ『NARUTO -ナルト- (アニメ) NARUTO -ナルト-』およびその続編『NARUTO -ナルト- 疾風伝』関連のラジオ番組について記述する。
2003年10月から『オー!NARUTOニッポン』として大阪放送 ラジオ大阪製作で文化放送にて放送開始。テレビアニメの主人公うずまきナルト役の竹内順子とマンスリーパーソナリティーの声優(月替わり)による番組である。2007年4月よりアニメのタイトル変更に伴い『NARUTO Radio 疾風迅雷』と番組名を変更。同時にコーナーもリニューアルした。
『オー!NARUTOニッポン』時代は、最後の週にマンスリーパーソナリティーが仕切る『オー!○○○ニッポン』が放送された。そして『NARUTO Radio 疾風迅雷』時代でも2009年の後半から復活しゲストが月の最後に無茶振りで『○○○ Radio 疾風迅雷』が放送される。(○○○にはキャラクターの名前が入る。)

NARUTO -ナルト-の口寄せ動物
NARUTO -ナルト-の口寄せ動物では、『週刊少年ジャンプ』に連載されている岸本斉史による漫画作品「NARUTO -ナルト-」に登場する口寄せ動物を列挙する。
通常は離れた場所や別の次元に存在しており(蝦蟇の場合と九尾や劇場版第2作より)、尾獣である九尾も元々は口寄せでうちはマダラによって呼び出された可能性がある(マダラ自身はこれを否定している)。
嗅覚に優れた忍犬を呼び出す。
契約者 - はたけカカシ
: 声優 声 - 辻親八
: カカシが口寄せする忍犬でパグらしき品種。カカシが口寄せする忍犬の中で最も信頼が厚いと言われ、単体で口寄せされる事も多い。ただし戦闘向きのタイプではない。アニメ版第20話ではナルトの家のキーホルダーのデザインとなっている。

NARUTO -ナルト- 疾風伝 激闘忍者大戦!EX
Title NARUTO -ナルト- 疾風伝 激闘忍者大戦!EX
Genre 3D忍者対戦格闘
Plat Wii
Dev エイティング
Pub タカラトミー
Play 1~4人
Media Wii用12cmディスク
Date 2007年2月22日(EX)2007年11月29日(EX2)2008年11月27日(EX3)
Price 6,800円(税込)
Rating コンピュータエンターテインメントレーティング機構 CERO: A(全年齢対象)
Device クラシックコントローラ対応ゲームキューブコントローラ対応ヌンチャク対応
Engine
etc 走査 プログレッシブ出力対応
NARUTO -ナルト- 疾風伝 激闘忍者大戦!EXは、タカラトミーから日本で2007年2月22日に発売されたアクションゲームである。国外では今のところ発売の予定なし。ここではその続編についても記載する。
旧世代ゲーム機ニンテンドーゲームキューブ ゲームキューブでは1から4までのシリーズが出ており、タカラトミー(当時トミー)の任天堂向けの主力商品であった。

NARUTO -ナルト- (ゲーム)
NARUTO -ナルト- (ゲーム) では漫画『NARUTO -ナルト-』のゲーム化作品について解説する。 現在発売されているテレビゲームは、19種類。モバイルゲームにも進出し、ソーシャルゲームが1種、サービス提供中。 またカードゲームは2002年から発売され、現在巻の十七まで発売されている。 内容はテレビアニメ『NARUTO -ナルト-』の内容に基づいてゲーム化しており、一部は劇場版の内容も含んでいる。テレビアニメ『NARUTO -ナルト-』が2007年春から『NARUTO -ナルト- 疾風伝』に変更されたことに伴い、ゲームのタイトルもNARUTO -ナルト- 疾風伝から始まるものになった。 発売はバンダイ系のゲーム関連会社(※)とタカラトミー。前者はPlayStation系のハード他を担当し、後者は任天堂系のハードを担当していたが、コンピュータゲーム関連事業がタカラトミーアーツに移管され、また『NARUTO -ナルト-SD パワフル疾風伝』以降、バンダイナムコからも任天堂系のハードを担当するようになった。
NARUTO -ナルト- ナルティメットヒーロー
『NARUTO-ナルト- ナルティメットヒーロー』(NARUTO Naltimate Hero)は、サイバーコネクトツー開発・バンダイ(当時)発売によるPlayStation 2用ゲームソフト。 『ナルティメット』の由来は、「ナルト」と「アルティメット」を組み合わせた造語である。 この項目では、続編『NARUTO-ナルト- ナルティメットヒーロー2』及び『NARUTO-ナルト- ナルティメットヒーロー3』及び『NARUTO-ナルト-疾風伝 ナルティメットアクセル』、及びPlayStation Portable用『ナルティメットポータブル』、PlayStation 3・PlayStation 4・Xbox 360用『NARUTO -ナルト-疾風伝 ナルティメットストーム』についても解説する。
NARUTO-ナルト- ナルティメットヒーロー
『NARUTO -ナルト- ナルティメットヒーロー』より : 『NARUTO-ナルト- ナルティメットヒーロー』(NARUTO Naltimate Hero)は、サイバーコネクトツー開発・バンダイ(当時)発売によるPlayStation 2用ゲームソフト。 『ナルティメット』の由来は、「ナルト」と「アルティメット」を組み合わせた造語である。 この項目では、続編『NARUTO-ナルト- ナルティメットヒーロー2』及び『NARUTO-ナルト- ナルティメットヒーロー3』及び『NARUTO-ナルト-疾風伝 ナルティメットアクセル』、及びPlayStation Portable用『ナルティメットポータブル』、PlayStation 3・PlayStation 4・Xbox 360用『NARUTO -ナルト-疾風伝 ナルティメットストーム』についても解説する。
NARUTO -ナルト- 激闘忍者大戦!EX
NARUTO -ナルト- 疾風伝 激闘忍者大戦!EX(ナルトしっぷうでん げきとうにんじゃたいせん!イーエックス)は、タカラトミーから日本で2007年2月22日に発売されたアクションゲームである。海外では『Naruto: Clash of Ninja Revolution』シリーズとしてリリースされている。 旧世代ゲーム機ゲームキューブでは1から4までのシリーズが出ており、タカラトミー(当時トミー)の任天堂向けの主力商品であった。 当初は『NARUTO -ナルト- 激闘忍者大戦!EX(仮称)』という仮の名前が公表されていたが、テレビアニメ『NARUTO -ナルト-』が2007年春から『NARUTO -ナルト- 疾風伝』に変わることに伴い『NARUTO -ナルト- 疾風伝 激闘忍者大戦!EX』が正式名称となった。
NARUTO-ナルト-激闘忍者大戦!EX
『NARUTO -ナルト- 激闘忍者大戦!EX』より : NARUTO -ナルト- 疾風伝 激闘忍者大戦!EX(ナルトしっぷうでん げきとうにんじゃたいせん!イーエックス)は、タカラトミーから日本で2007年2月22日に発売されたアクションゲームである。海外では『Naruto: Clash of Ninja Revolution』シリーズとしてリリースされている。 旧世代ゲーム機ゲームキューブでは1から4までのシリーズが出ており、タカラトミー(当時トミー)の任天堂向けの主力商品であった。 当初は『NARUTO -ナルト- 激闘忍者大戦!EX(仮称)』という仮の名前が公表されていたが、テレビアニメ『NARUTO -ナルト-』が2007年春から『NARUTO -ナルト- 疾風伝』に変わることに伴い『NARUTO -ナルト- 疾風伝 激闘忍者大戦!EX』が正式名称となった。
NARUTO -ナルト-の術
NARUTO -ナルト-の術では、漫画『NARUTO -ナルト-』およびテレビアニメの『NARUTO -ナルト-』、『NARUTO -ナルト- 疾風伝』、劇場版の術を解説する。 術は基本的に「忍術」「体術」「幻術」の三種の術を基本として、それ以外に「呪印術」「封印術」「秘伝」の特殊な会得手段を必要とする術、「血継限界」のように遺伝により継承させる特殊能力を利用する術、一代限りの特異体質でしか使用できない術もある。 体術も含んでいるため「技」に近い術もあることに注意。 また前述のように『NARUTO』の忍者というのは、現実的な忍者とはかけ離れているため術も現実的なものではないものが多く、忍術というよりは霊能力のようなものが多くある。 術の会得 術の会得は基本的に、使用できる忍者に教えられることにより使用できるようになる。 ただし、教えられれば誰でもできるというわけではなく、会得には多くの修行を要する。 術は下記の自分の属性や遺伝による得意忍術など別れ、ナルトは自来也から螺旋丸を教わり、サスケはカカシから千鳥を教えられている。
NARUTO -ナルト-の登場人物
NARUTO -ナルト-の登場人物(ナルトのとうじょうじんぶつ)では、漫画『NARUTO -ナルト-』『七代目火影と緋色の花つ月』、およびそれを原作にした同名のアニメ(第一部、第二部の疾風伝)に登場する架空の人物を列挙する。 木ノ葉隠れの里(火の国) 班 = カカシ班(第七班) = カカシ・ナルト・サスケ・サクラの四人一組(フォーマンセル)。サスケが里を抜けナルトが修行に出てからは一時解散状態となり、ナルトが戻ってからは隊長代行としてヤマトが、補充要員としてサイが加わる。ナルト・サスケ・サクラの三人は、それぞれ伝説の三忍に師事していたことがある。 うずまきナルト 声 - 竹内順子、演 - 屋良朝幸、松岡広大 本作の主人公。体に尾獣の一体・九尾の妖狐を宿している人柱力。 うちはサスケ 声 - 杉山紀彰、東山奈央(乳児期・幼児期)、演 - 町田慎吾、佐藤流司 ナルトの親友でありライバル。うちは一族の末裔。第二部からは抜け忍となりナルト達と一度は敵対するも、第四次忍界大戦にて復帰。
NARUTO -ナルト-の登場人物一覧
NARUTO -ナルト-の登場人物(ナルトのとうじょうじんぶつ)では、漫画『NARUTO -ナルト-』『七代目火影と緋色の花つ月』、およびそれを原作にした同名のアニメ(第一部、第二部の疾風伝)に登場する架空の人物を列挙する。 木ノ葉隠れの里(火の国) 班 = カカシ班(第七班) = カカシ・ナルト・サスケ・サクラの四人一組(フォーマンセル)。サスケが里を抜けナルトが修行に出てからは一時解散状態となり、ナルトが戻ってからは隊長代行としてヤマトが、補充要員としてサイが加わる。ナルト・サスケ・サクラの三人は、それぞれ伝説の三忍に師事していたことがある。 うずまきナルト 声 - 竹内順子、演 - 屋良朝幸、松岡広大 本作の主人公。体に尾獣の一体・九尾の妖狐を宿している人柱力。 うちはサスケ 声 - 杉山紀彰、東山奈央(乳児期・幼児期)、演 - 町田慎吾、佐藤流司 ナルトの親友でありライバル。うちは一族の末裔。第二部からは抜け忍となりナルト達と一度は敵対するも、第四次忍界大戦にて復帰。
NARUTO -ナルト- 疾風伝
『NARUTO -ナルト- 疾風伝』(ナルト しっぷうでん)は、漫画『NARUTO -ナルト-』を原作とするテレビアニメであり、前作『NARUTO -ナルト-』の続編。 登場人物とそれを演じる声優については、NARUTO -ナルト-の登場人物を参照。 原作における第二部が基になっており、2007年2月15日からテレビ東京系列で放送されている。今シリーズと前期にはいくつか相違があり、回によっては放送されないものの、番組の最後には本編と関係のないミニエピソードが開始され、オリジナルストーリーは前期は数話の短編だったのに対し、今期は長編になっているなどがある。 2008年4月3日の第54話(通算274話)よりハイビジョン制作に移行し、地上デジタル放送では画面アスペクト比16:9のワイドサイズで放送されるようになった(アナログ放送では2009年10月8日の1時間スペシャル(通算第349話・350話)からレターボックスが付加されている)。
NARUTO -ナルト- 激闘忍者大戦!EX
NARUTO -ナルト- 疾風伝 激闘忍者大戦!EX(ナルトしっぷうでん げきとうにんじゃたいせん!イーエックス)は、タカラトミーから日本で2007年2月22日に発売されたアクションゲームである。海外では『Naruto: Clash of Ninja Revolution』シリーズとしてリリースされている。 旧世代ゲーム機ゲームキューブでは1から4までのシリーズが出ており、タカラトミー(当時トミー)の任天堂向けの主力商品であった。 当初は『NARUTO -ナルト- 激闘忍者大戦!EX(仮称)』という仮の名前が公表されていたが、テレビアニメ『NARUTO -ナルト-』が2007年春から『NARUTO -ナルト- 疾風伝』に変わることに伴い『NARUTO -ナルト- 疾風伝 激闘忍者大戦!EX』が正式名称となった。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン