ブックオフオンライン
Home > 週刊ヤングジャンプ > 最強の男、岡八郎敗れる

最強の男、岡八郎敗れる

2008/07/11 
[GANTZ]
武士

大阪チーム最強の男、岡八郎が今回のミッションのボス「ぬらりひょん」に敗北した。

ぬらりひょんは再生能力が非常に高く、岡さんは何度もぬらりひょんを倒したが、その度に再生し強くなってしまうため、ミッションを途中放棄していた。だが、岡さんに興味を持ったぬらりひょんは岡さんを追撃、岡さんを殺害した模様。
これにより、大阪ガンツチームはほぼ壊滅し、ミッションクリアは東京ガンツチームに託されることになった。

しかし、東京ガンツチームは、ここまでに「きんにくらいだー」風大左衛門さんやエスパーである坂田研三さんなど戦闘力の高いメンバーが戦闘不能となっており、ぬらりひょんを倒すのは難しいとのこと。
リーダーの加藤勝さんによると、ぬらりひょんと正面から戦うのではなく、遠距離からの狙撃などで「意識外からの攻撃」をするしかぬらりひょんを倒す見込みはないとのことだ。

現在、加藤さんは自らを囮にし、ぬらりひょんと対峙しているところを他のメンバーに狙撃させるという作戦を立てており、作戦の成功に向け東京大阪、両チームのメンバーの期待が集まっている。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

武士(221) 週刊ヤングジャンプ

Wikipedia情報:GANTZ
GANTZ
『GANTZ』(ガンツ)は、奥浩哉による日本の漫画作品。また、それを原作としたアニメ、ゲーム、小説、実写映画作品、それら作中に登場する黒い球体の呼称。 漫画雑誌『週刊ヤングジャンプ』(集英社)において2000年7月13日発売の31号から連載を開始し、2006年から隔週で連載、2013年6月20日発売の29号で完結した。累計発行部数は2000万部以上。 作者が高校時代から暖めていた、『必殺仕事人』にSFテイストを加えた「夜にみんなで集まって殺しに行く」物語を描いた青年漫画。石森章太郎原作のTV番組『がんばれ!!ロボコン』のガンツ先生がGANTZの名称の由来であり、ガンツの採点シーンもガンツ先生がロボコン達の行動を採点するシチュエーションのパロディである。 「日本人に馴染むSF」を目指した、現実と非現実が交錯する世界観、不条理とも言える死と隣り合わせの緊張感、個性溢れる登場人物などが人気を集めている。作者は「正義とは何なのか?」「正義はあるのか?」というストーリーの図式は『GANTZ』のテーマでもあるという。
GANTZの登場人物
GANTZの登場人物(ガンツのとうじょうじんぶつ)は、漫画『GANTZ』(集英社『ヤングジャンプ』連載)およびそれを原作とする小説版・アニメ版・映画版に登場する架空の人物について説明する。 声優はアニメ版GANTZのもの。アニメは「ねぎ星人編」から「あばれんぼう星人・おこりんぼう星人編」、オリジナルの「玄野星人編」までの全26話で放送された。俳優は映画版GANTZのもの。VOMICは集英社ヴォイスコミックステーション版のGANTZのもの。 東京メンバー 東京周辺在住者から構成されるチーム。各ミッションでの死亡率が高く、長期間生き残っている者はほとんどいない。基本的には少数の経験者と、補充された初参加者とで構成されている。 太字は新規参加者、斜文字は過去の戦いで死亡するも再生された参加者。 ラストミッション(イタリア編)を生き残った参加者 玄野 計(くろの けい) 声 - 浪川大輔(アニメ版・基本)/園崎未恵(アニメ版・幼少期)/内山昂輝(VOMIC版) 演 - 二宮和也(嵐) あだ名:「くろの」、「パシり」、「くろのくん」、「まけ犬」 賢さ:★★★★ 敏捷:★★★ 体力:★★★ 力:★★★ 運:★ 未知の自分:★★★★★ 本作の主人公。
GANTZ (映画)
『GANTZ』(ガンツ)は、同名漫画『GANTZ』を原作とする2011年公開の日本のSFアクション映画。 日本公開日はPART1『GANTZ』が2011年1月29日、PART2『GANTZ PERFECT ANSWER』(ガンツ・パーフェクトアンサー)が2011年4月23日。全2部作で前編・後編共にPG12指定を受けた。 ストーリー 前編『GANTZ』 就職活動中の大学生・玄野計と正義感の強い加藤勝の2人は、ある日電車に轢かれて命を落とす。死んだはずの2人が、黒い謎の球体「GANTZ」に召喚され、異形の星人たちとの戦いを強いられる。血で血を洗う戦いを加藤は嫌悪するが、玄野は戦いを通じて明らかになる自分の秘められた力に自らの存在を見出す。 後編『GANTZ PERFECT ANSWER』 戦いに目覚め、生き抜くことを選択する玄野。一方、暴力に支配された世界を嫌悪し、戦いを否定する加藤は死闘の末に命を落としてしまう。身近にある生と死を実感した玄野は、100点めにゅ〜で加藤を生き返らせるために戦いを続けていく。
GANTZ ~the first stage~
『』より :
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン