ブックオフオンライン
Home > ヤングマガジン > 「全校番長サミット」開催

「全校番長サミット」開催

2008/07/07 
[エリートヤンキー三郎]
武士

現在、日本の北海道、洞爺湖にてサミット(主要国首脳会議行)が行われている。それに合わせて日本一のヤンキー雑誌「実話ヤンキーDX」の主催で、第1回全国番長サミットが開催された。

サミットには千葉の大魔王こと大河内三郎くんやミナミの悪魔、桐山秀樹くんらを筆頭に、大勢の番長たちが集まり、ヤンキーの未来のため活発な議論を繰り広げた。

議題としては

  • 温暖化問題 最近のヤンキーはぬるすぎて気合いが入っていない。
  • 少子化問題 リーゼントなど昔ながらヤンキーが減っている。
  • 原油高問題 ガソリンの値段が上がっており、暴走できない。

その他、サブプライム問題や年金問題など多岐にわたっており、ヤンキーの現状を番長たちは深刻に受け止めているようだ。サミット初日は深夜2時半まで続き終了、翌日も白熱の議論が期待されており、ヤンキーの未来のため、サミットはますます盛り上がりを見せるだろう。

また、今回サミットを開催するにあたり、主催者にサミット中止の脅迫状が届いているということもあり、関係者の安全が心配されている。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

武士(221) ヤングマガジン

Wikipedia情報:エリートヤンキー三郎
エリートヤンキー三郎
『エリートヤンキー三郎』(エリートヤンキーさぶろう)は、阿部秀司による日本の漫画作品。講談社の漫画雑誌『週刊ヤングマガジン』にて、2000年12号より2005年24号まで連載された。単行本は全26巻。2007年にはテレビドラマ化、2009年には映画化された。 また、続編である『エリートヤンキー三郎 第2部:風雲野望編』(エリートヤンキーさぶろう だいにぶ ふううんやぼうへん)が『週刊ヤングマガジン』2005年第25号から2010年18号まで連載された。単行本は全25巻。本項目では、この続編についても以下に述べる。因みに2012年には本人のブログに番外編が掲載された。 あらすじ 私立徳丸学園高等学校は県内屈指の不良校であり、その学校を仕切っているのが県内全域に名を轟かす極悪な大河内一郎と大河内二郎の「大河内兄弟」であった。2人の悪名や強さは半端ではなく、校内はおろか教師や警察でさえも逆らえないのである。そしてこの春、彼らのいる徳丸高校に大河内兄弟の末っ子、大河内三郎が入学する事になり、当然周囲は騒然とする。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン