ブックオフオンライン
Home > 週刊少年ジャンプ > STOP・ザ・黒ゴリラに立ち上がったのは

STOP・ザ・黒ゴリラに立ち上がったのは

2008/07/05 
[ピューと吹く!ジャガー]
ソウゾウドウ

打倒! 黒ゴリラ氏を掲げ、魂(タマ)さんを始めとする六人の小さな勇者が立ち上がった。

近所山の黒ゴリラ氏といえば、「綿王」の異名を持つ洋七さんを瞬殺し、帽子風に被ってしまうほどのおしゃれさん……、もとい暴君。誰もが恐れを抱く存在に真っ向勝負を挑んだのは、魂さんの中に眠る、伝統の総大将・身毛さんの遠縁に当たる血筋が目覚めたからであろうか?

ともかく、近所中から猛者を発掘し手腕は、受け継がれたカリスマ性の成せる技といえよう。洋七さんの弔い合戦を買って出たメンバーには正直狐のコンタロウさんや、心やさしき乳牛娘の花子さんなど、戦いには不向きともいえる方々も参加。生前の洋七さんを偲ぶ想いが、彼らの心を動かしたのかもしれない。

六人の心がひとつとなった秘技「全天然毛But丘」で一気に勝負を賭けた魂さんたちであったが、結果は無残にも惨敗。黒ゴリラ氏の無類の強さがより際立つ形となった。魂さんたちのリベンジに期待したい。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

ソウゾウドウ(34) 週刊少年ジャンプ

Wikipedia情報:ピューと吹く!ジャガー
ピューと吹く!ジャガー
『ピューと吹く!ジャガー』(ピューとふくジャガー)は、うすた京介による日本のギャグ漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2000年38号から2010年38号にかけて連載。単行本はジャンプ・コミックスで全20巻。累計発行部数は850万部を突破している。連載話数の単位は第○(○は数字)笛。 通常は『ジャンプ』の巻末に掲載され、ページ数も7ページと他の連載より少ない。連載初期はオール2色カラーで連載していたが、後に白黒化。周回・周年記念の際にはオール2色カラーとなった回もある。第15笛で巻頭カラーを飾ったのがカラー原稿例。電子書籍では全20巻フルカラー化されたバージョンも販売されている。 また、アンケート結果に掲載が左右されないという特権を持ち、新聞で言う四コマ漫画のような位置づけになっていた。 2007年『ジャンプ』26号にてガリプロダクション第2弾・第3弾企画として、DVDアニメ・実写映画化が同時発表された。実写版の主演は要潤。DVDアニメ版の製作は蛙男商会。実写版は2008年1月12日からアミューズCQNほかにて順次公開。
ピューと吹く!ジャガー 明日のジャンプ
『』より :
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン