ブックオフオンライン
Home > イブニング > 国際的テロリスト、イリア・シュケルが極秘裏に入国、現在行方不明

国際的テロリスト、イリア・シュケルが極秘裏に入国、現在行方不明

2008/04/09 
[勇午]
河野

国際的なテロリストであるイリア・シュケル(インターポール、特別手配七号)が洞爺湖サミットの二週間前に成田空港に到着。警察当局はこの入国を認め、監視下に置きながら他のテロリスト共々逮捕することを目論んでいたが、京王プラザホテル付近で行方をくらました模様。

シュケルは、ロシア大統領アレキサンダー・スワルスキー氏を殺害するために来日した可能性が高く、一刻も早い逮捕が望まれる。

また本件には、交渉人として名高い別府勇午さんが関わっているとの噂もある。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

河野(177) イブニング

Wikipedia情報:勇午
勇午
『勇午』(ゆうご)は、原作:真刈信二、作画:赤名修による日本の漫画作品。『月刊アフタヌーン』(講談社)にて1994年から2004年まで連載された後、『イブニング』(同)に移籍し2015年まで連載された。交渉人(ネゴシエーター)の仕事を題材にした先駆的作品。 単行本は『アフタヌーン』連載版が全22巻(アフタヌーンKC)、『イブニング』連載版(イブニングKCDX)が既刊18巻(シリーズを通巻として算出)。なお『イブニング』版では『勇午 the Negotiator』と副題がつけられている。 2004年から2006年にかけて『アフタヌーン』版が文庫化され、『イブニング』版は2011年より刊行されている。文庫化に際しては『勇午 the Negotiator』のタイトルを使用しており、現在のシリーズと共通化が計られている。 また2004年に本作の序盤のストーリーである「パキスタン編」と「ロシア編」がTVアニメ化された。1999年には小説版も出版されている。 成功率97.4%を誇るフリーの交渉人・別府勇午を主人公にした、社会派サスペンス作品。
勇午~交渉人~
『勇午』より : 『勇午』(ゆうご)は、原作:真刈信二、作画:赤名修による日本の漫画作品。『月刊アフタヌーン』(講談社)にて1994年から2004年まで連載された後、『イブニング』(同)に移籍し2015年まで連載された。交渉人(ネゴシエーター)の仕事を題材にした先駆的作品。 単行本は『アフタヌーン』連載版が全22巻(アフタヌーンKC)、『イブニング』連載版(イブニングKCDX)が既刊18巻(シリーズを通巻として算出)。なお『イブニング』版では『勇午 the Negotiator』と副題がつけられている。 2004年から2006年にかけて『アフタヌーン』版が文庫化され、『イブニング』版は2011年より刊行されている。文庫化に際しては『勇午 the Negotiator』のタイトルを使用しており、現在のシリーズと共通化が計られている。 また2004年に本作の序盤のストーリーである「パキスタン編」と「ロシア編」がTVアニメ化された。1999年には小説版も出版されている。 成功率97.4%を誇るフリーの交渉人・別府勇午を主人公にした、社会派サスペンス作品。
勇午 ~交渉人~
『勇午』より : 『勇午』(ゆうご)は、原作:真刈信二、作画:赤名修による日本の漫画作品。『月刊アフタヌーン』(講談社)にて1994年から2004年まで連載された後、『イブニング』(同)に移籍し2015年まで連載された。交渉人(ネゴシエーター)の仕事を題材にした先駆的作品。 単行本は『アフタヌーン』連載版が全22巻(アフタヌーンKC)、『イブニング』連載版(イブニングKCDX)が既刊18巻(シリーズを通巻として算出)。なお『イブニング』版では『勇午 the Negotiator』と副題がつけられている。 2004年から2006年にかけて『アフタヌーン』版が文庫化され、『イブニング』版は2011年より刊行されている。文庫化に際しては『勇午 the Negotiator』のタイトルを使用しており、現在のシリーズと共通化が計られている。 また2004年に本作の序盤のストーリーである「パキスタン編」と「ロシア編」がTVアニメ化された。1999年には小説版も出版されている。 成功率97.4%を誇るフリーの交渉人・別府勇午を主人公にした、社会派サスペンス作品。
勇午 -The Negotiator-
『勇午』より : 『勇午』(ゆうご)は、原作:真刈信二、作画:赤名修による日本の漫画作品。『月刊アフタヌーン』(講談社)にて1994年から2004年まで連載された後、『イブニング』(同)に移籍し2015年まで連載された。交渉人(ネゴシエーター)の仕事を題材にした先駆的作品。 単行本は『アフタヌーン』連載版が全22巻(アフタヌーンKC)、『イブニング』連載版(イブニングKCDX)が既刊18巻(シリーズを通巻として算出)。なお『イブニング』版では『勇午 the Negotiator』と副題がつけられている。 2004年から2006年にかけて『アフタヌーン』版が文庫化され、『イブニング』版は2011年より刊行されている。文庫化に際しては『勇午 the Negotiator』のタイトルを使用しており、現在のシリーズと共通化が計られている。 また2004年に本作の序盤のストーリーである「パキスタン編」と「ロシア編」がTVアニメ化された。1999年には小説版も出版されている。 成功率97.4%を誇るフリーの交渉人・別府勇午を主人公にした、社会派サスペンス作品。
勇午~交渉人~ 2nd Negotiation ロシア編
『』より :
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン