ブックオフオンライン
Home > 週刊少年ジャンプ > 黒の教団本部、壊滅

黒の教団本部、壊滅

2008/06/30 
[D.Gray-man]
武士

「千年伯爵」によって造られる生きた悪性兵器「アクマ」。そのアクマ退治を専門とする集団「黒の教団」の本部が壊滅した。

原因は本部在籍の教団員全員がウイルスによりゾンビ化、さらに建物の崩壊により、本部機能が停止してしまったとのこと。

当初はこのウイルスはアクマの新兵器かと思われていたが、黒の教団本部室長であるコムイ・リーさんの作った「コムビタンD」を吸血鬼アレイスター・クロウリー三世さんが飲んだことが原因であった。
これにより、感染した人間が吸血鬼のように他の人間の血を吸うことで、さらにゾンビ化ウイルスを広める、といった悪循環になってしまったようだ。

現在は本部を訪れたバク・チャン支部長によりワクチンが作られ、ゾンビ化ウイルスによる事態は収拾した模様だが、教団本部の建物は崩壊してしまったため、本部機能の移転が待たれている。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

Wikipedia情報:D.Gray-man
D.Gray-man
『D.Gray-man』(ディーグレイマン)は、星野桂による日本の漫画作品。話数カウントは「 - 夜」。略称は「Dグレ」。 『週刊少年ジャンプ』(集英社)2004年27号から2009年22・23合併号まで連載され(186夜まで)、『赤マルジャンプ』(同)2009SUMMERの掲載を経て(187夜)、『ジャンプスクエア』にて2009年12月号より2013年2月号まで連載(188夜から218夜まで)。2年半の長期休載を経て新増刊号『ジャンプSQ.CROWN』に移籍。累計発行部数は2000万部突破。なお、『週刊少年ジャンプ』連載後期は、度々連載と休載を繰り返していた。 仮想19世紀末のヨーロッパを舞台としている。 あらすじ 「機械」「魂」「悲劇」を材料に造り出される悲しき悪性兵器「AKUMA(アクマ)」。AKUMAの製造者で世界終焉への計画を進める「千年伯爵」。 そして、唯一AKUMAを破壊できる神の結晶「イノセンス」に選ばれた存在である、「エクソシスト」達。主人公・「アレン・ウォーカー」もその一人であった。 アレンは世界とAKUMAに縛られた魂を救うべく、仲間と共に長く険しい戦いに身を投じていく。
D.Gray-manの登場人物
D.Gray-manの登場人物(ディーグレイマンのとうじょうじんぶつ)は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)において2004年27号から2009年22・23合併号まで連載、以後『ジャンプスクエア』において2009年12月号から連載されている星野桂作のダーク・ファンタジー漫画『D.Gray-man』、およびそれを原作としたテレビアニメ作品に登場する架空の人物について解説する。 主要人物 「黒の教団」に所属するエクソシスト達。下記4名についての詳細はそれぞれの項目を参照。 アレン・ウォーカー (Allen Walker) 声 - 小林沙苗(1期) 村瀬歩(2期) 神田ユウ (Yu Kanda) 声 - 櫻井孝宏(1期) 佐藤拓也(2期) リナリー・リー (Lenalee Lee) 声 - 伊藤静(1期) 加隈亜衣(2期) ラビ (Lavi) 声 - 鈴村健一(1期) 花江夏樹(2期) ティムキャンピー(Timcanpy英語版ではTimcanpi) クロス元帥のゴーレムでアレンを本部に向かわせる時に案内役として渡した。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン