ブックオフオンライン
Home > 週刊少年ジャンプ > 王下七武海 VS 白ひげ、全面戦争か

王下七武海 VS 白ひげ、全面戦争か

2008/06/23 
[ONE PIECE]
武士

本日、王下七武海に強制召集の命令が下った。
王下七武海とは略奪収穫の何割かを政府に収めることで政府から海賊行為を許された7人の海賊たちのことで、それぞれがひとりで街ひとつを破壊するなどの伝説の持ち主である。

王下七武海のひとり、Mr.ドフラミンゴさんによると、火拳のエースさんの処刑に伴い動き出す白ひげ海賊団との戦闘に備えての召集とのことだ。
これにより、最強の海賊団と王下七武会による全面戦争という可能性も現実味を帯びてきた。

また、海軍本部近辺にあるシャボンディパーク内での天竜人暴行事件だが、どうやら海軍大将のひとり、通称「黄ザル」さんが動き出したとのこと。
現在はその場に居合わせた海賊団隊長ら数人と海軍部隊の小競り合いが続いており、こちらでも新世界ル―キー海賊たちと海軍による大規模な戦闘が予想される。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

Wikipedia情報:ONE PIECE

ブックオフオンライン