ブックオフオンライン
Home > モーニング > 宇宙飛行士選抜試験、途中経過

宇宙飛行士選抜試験、途中経過

2008/06/20 
[宇宙兄弟]
河野

JAXAで行なわれている宇宙飛行士の選抜試験だが、現在は閉鎖環境試験として、5名ずつ3班に分かれてさまざまなテストを繰り返している。

今回の課題は、テレビである女性キャスターが発言した「地上に解決しなければならない問題が山積みなのに、どうして宇宙に行くために莫大な税金が投入されるのか」というコメントへの抗議文を考えるというもの。

各自が「人類にとって大切な仕事」などと説得力のありそうな回答を考える中、南波六太さんだけが「抗議しない」と回答した。南波さんは「ガチガチの2次元頭の人に3次元の魅力や意味は言葉じゃ伝わらない。連れて行くしかない」と述べ、さらに「日々人がいるから、日本人がもうすぐ月面に立つから、もっと宇宙が近くなる。誰に批判されたって、日々人が帳消しにしてくれるよ」と主張した。

南波さんは、現在NASAでトレーニング中の宇宙飛行士、南波日々人さん(29)の実兄で、今回の選考結果についても縁故の疑いが他の候補生からも投げかけられているが、こうした発言を聞く限り、彼の宇宙への思いや意志の強さは群を抜いている。
今後の選考過程が注目されるが、茄子田理事長をはじめとするJAXAスタッフが他の候補生と比べると明らかに異色な彼をここまで残したことには大きな意味があるだろう。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

河野(177) モーニング ,

Wikipedia情報:宇宙兄弟
宇宙兄弟
『宇宙兄弟』(うちゅうきょうだい)は、小山宙哉による日本の漫画作品。講談社の漫画雑誌『モーニング』にて2008年1号から連載中。 本作の作者・小山宙哉は影響を受けた漫画家の一人に井上雄彦を挙げており、本作においても井上からの影響が見受けられる。本作は主題である宇宙に関することのみではなく、人生における挫折や困難、ALSやパニック障害などの病患、引きこもり、リストラといった様々な問題についても取り上げられており、それらの問題については井上の『リアル』においても取り上げられている。本作と『リアル』は共に、主人公たちが困難に立ち向かう物語性、現実性、登場人物の人生観などが強い作風であり、また『リアル』の主人公である戸川清春のチームユニフォームの背番号は6番であり、宇宙兄弟の主人公・南波六太のイメージナンバーも6であるなど、二作間での共通性が所々で見受けられる。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン