ブックオフオンライン
Home > 週刊少年マガジン > モンスターバッシュ、川崎菊川高校が準決勝進出

モンスターバッシュ、川崎菊川高校が準決勝進出

2008/06/12 
[あひるの空]
てぬぐい

高校生チーム同士の対戦となった、モンスターバッシュ準々決勝、九頭龍高校対菊川高校戦は、残り時間4秒で九頭龍高校車谷くんのスリーポイントシュートが決まり、そのまま試合終了かと思われた。

しかし、菊川高校梶くんのレイアップシュートが、ブザービーターとなり35対34で菊川高校が勝利。高校生対決を制した菊川高校が、準決勝進出を果たした。

九頭龍高校の夏目健二くんが前半終了間際に、足首の捻挫で途中退場しており、容態が心配される。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン ,

Wikipedia情報:あひるの空
あひるの空
あひるの空(あひるのそら)は、日向武史原作のバスケットボールを題材にした少年漫画「週刊少年マガジン」2004年第2,3合併号より連載を開始した。2016年2月17日現在、コミックスは43巻まで発売中。2010年9月29日発売の「週刊少年マガジン」にて連載300回を突破した。 あらすじ 九頭龍(くずりゅう)高校に入学した身長149cmの車谷空は母親に誓った「高校最初のバスケの大会で優勝」の実現のために、バスケットボール部に入ろうとする。しかしバスケ部は花園百春・千秋兄弟を始めとする不良達の巣窟になっており、部活動などできる状況ではなかった。しかし、しつこく食い下がる空の純粋なバスケへの熱に、かつてバスケをやっていた百春、千秋たちは心動かされていく。そして空達のバスケ生活が始まる。 世界観 バスケットボールを題材にしたスポーツ漫画、ギャグ漫画である。物語は神奈川県川崎市が舞台となっている。これは、作者自身の住居が近所であるため、「資料集めが楽」という理由からである。スポーツ弱小校を舞台に、主人公の躍進とその成長過程が描かれる。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン