ブックオフオンライン
Home > ヤングマガジン > プロジェクトD対チームカタギリ、上りバトル開始

プロジェクトD対チームカタギリ、上りバトル開始

2008/06/10 
[頭文字D]
武士

プロジェクトDの高橋啓介さんとチームカタギリの皆川英雄さんによる上りバトルがスタートした。

またレースのスタートに合わせて、プロジェクトDの監督で啓介さんの兄である高橋諒介さんより、啓介さんが今回の神奈川エリアのレースに備え、秘密特訓を行っていたことが明らかになった。

特訓の内容は、赤城峠を一日上下5往復し、晴れの日や雨の日、他の車が走っている場合なども含め、どんな環境の時でもすべて同じタイムで走るというもの。この特訓を行うことで、効率よくタイヤを使うことができるようになるとのことだ。

皆川さんはプロのドライバーということで、啓介さんが不利との見方が強いが、諒介さんによると、特訓をした啓介さんの能力であれば、プロとでも十分戦えるとの判断を下したとのこと。
啓介さんは秘密特訓でどこまで腕を上げたのか? 今後のレースの行方が楽しみである。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

武士(221) ヤングマガジン ,

Wikipedia情報:頭文字D
頭文字D
『頭文字D』(イニシャル・ディー / 英語表記: Initial D) は、しげの秀一による日本の漫画作品、またそれを原作にしたテレビアニメと映画を指す。通称「イニD」。峠道において自動車を高速で走行させることを目的とする、走り屋の若者たちを描いた作品である。 漫画は『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて、1995年30号から2013年35号まで連載された。単行本はヤンマガKCより全48巻。 峠の走り屋を扱うしげのの漫画作品としては、『バリバリ伝説』『トンネルぬけたらスカイ☆ブルー』に続く3作品目となる。本作ではアマチュアドライバーの主人公が関東各地の猛者との対戦を重ねながら、“公道最速”を目指していく姿が描かれている。また、主人公が属する精鋭チーム「プロジェクトD」の県外遠征を、各エリアの有力チームが迎えうつという対抗戦も本作の特徴である。 作中に登場する秋名山(あきなさん)は架空の地名であり、実在しない。そのモデルは群馬県にある上毛三山の一つ、榛名山(はるなさん)。その他の地名は実名。 作品の舞台となる年代は、第一話の冒頭に199X年と表記されているが、ランサーエボリューションVIIやZ33型フェアレディZなど、2001年以降に発売された車も登場しており、現実とは時間軸が異なる。
頭文字Dの登場人物
頭文字Dの登場人物では、しげの秀一の漫画作品『頭文字D』に登場する人物について説明する。 一部のキャラクターは、ゲームおよびドラマCDのみに登場。なお、人物名のみはアニメなどに未登場。シリーズは、原則としてアニメ・ゲーム初登場時。Arcade Stageシリーズに出た登場人物の搭乗車種はゲーム内のものに準拠する。『新劇場版』と特記されている場合は2014年以降に制作されたアニメーション映画版3部作のこと(頭文字D#アニメーションを参照)を指し示す。 基本メンバー 藤原とうふ店 伊香保温泉の近くにある豆腐屋。秋名湖畔のホテルで朝食に出される豆腐を納品するため、毎朝4時頃に配達に出ている。 所在地…群馬県渋川市 藤原 拓海(ふじわら たくみ) 声 - 三木眞一郎 / 宮野真守(新劇場版) 搭乗車種…AE86 スプリンタートレノ GT-APEX 3door(前期型) ボディカラー…ハイテックツートン(ホワイト/ブラック)(作中ではパンダトレノと呼ばれている) 主な外装パーツ…CIBIE製フォグランプ・RSワタナベ製ホイール・FUJITSUBO製マフラー・純正ドアバイザー(プロジェクトD加入後にカーボン製ボンネット(正確には舘智幸戦から) 主な内装パーツ…イタルボランテ製ステアリング⇒須藤京一2回戦目以降はTRDグループA用レースエンジン搭載のため、12000回転スケールのsmith製タコメーター、油圧計、水温計⇒プロジェクトDに加入しある程度経った後ではデジタルメーター、ロールケージ、ステアリング(メーカー不詳)  ナンバー…群馬 55 お 13-954 / 秋名 50 せ 2-674(新劇場版)詳細は藤原拓海参照 藤原 文太(ふじわら ぶんた) 声 - 石塚運昇 / 平田広明(新劇場版) 搭乗車種…GC8 インプレッサ WRX STi Version V(ハチロクを拓海に譲渡した以降) ボディカラー…ソニックブルー・マイカ(Arcade Stage Ver.3までと、PS2版のSpecial Stage、PSP版のSTREET STAGEではクールグレー・メタリック) 主な外装パーツ…STI製WRカータイプフロントバンパー(限定車22B STi Versionの物とは別)・STI製マフラー 主な内装パーツ…三連メーター(油圧計、油温計、水温計)、ブーストメーター ナンバー…群馬 52 が 13-600 43歳、身長172cm、62kg(第一部)。
頭文字D Fourth Stage
『頭文字D』より : 『頭文字D』(イニシャル・ディー / 英語表記: Initial D) は、しげの秀一による日本の漫画作品、またそれを原作にしたテレビアニメと映画を指す。通称「イニD」。峠道において自動車を高速で走行させることを目的とする、走り屋の若者たちを描いた作品である。 漫画は『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて、1995年30号から2013年35号まで連載された。単行本はヤンマガKCより全48巻。 峠の走り屋を扱うしげのの漫画作品としては、『バリバリ伝説』『トンネルぬけたらスカイ☆ブルー』に続く3作品目となる。本作ではアマチュアドライバーの主人公が関東各地の猛者との対戦を重ねながら、“公道最速”を目指していく姿が描かれている。また、主人公が属する精鋭チーム「プロジェクトD」の県外遠征を、各エリアの有力チームが迎えうつという対抗戦も本作の特徴である。 作中に登場する秋名山(あきなさん)は架空の地名であり、実在しない。そのモデルは群馬県にある上毛三山の一つ、榛名山(はるなさん)。その他の地名は実名。 作品の舞台となる年代は、第一話の冒頭に199X年と表記されているが、ランサーエボリューションVIIやZ33型フェアレディZなど、2001年以降に発売された車も登場しており、現実とは時間軸が異なる。
頭文字D Extra Stage
『頭文字D』より : 『頭文字D』(イニシャル・ディー / 英語表記: Initial D) は、しげの秀一による日本の漫画作品、またそれを原作にしたテレビアニメと映画を指す。通称「イニD」。峠道において自動車を高速で走行させることを目的とする、走り屋の若者たちを描いた作品である。 漫画は『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて、1995年30号から2013年35号まで連載された。単行本はヤンマガKCより全48巻。 峠の走り屋を扱うしげのの漫画作品としては、『バリバリ伝説』『トンネルぬけたらスカイ☆ブルー』に続く3作品目となる。本作ではアマチュアドライバーの主人公が関東各地の猛者との対戦を重ねながら、“公道最速”を目指していく姿が描かれている。また、主人公が属する精鋭チーム「プロジェクトD」の県外遠征を、各エリアの有力チームが迎えうつという対抗戦も本作の特徴である。 作中に登場する秋名山(あきなさん)は架空の地名であり、実在しない。そのモデルは群馬県にある上毛三山の一つ、榛名山(はるなさん)。その他の地名は実名。 作品の舞台となる年代は、第一話の冒頭に199X年と表記されているが、ランサーエボリューションVIIやZ33型フェアレディZなど、2001年以降に発売された車も登場しており、現実とは時間軸が異なる。
頭文字D ARCADE STAGE
『頭文字D ARCADE STAGE』(イニシャルディー・アーケードステージ)とは、セガのAM3研(旧・セガ・ロッソ → ヒットメーカー)が開発し、セガ・インタラクティブ(2015年3月まではセガ)より発売された、頭文字Dをゲーム化したレースゲームシリーズである。 シリーズのラインナップ 頭文字D Arcade Stage (アーケードゲーム) 頭文字D Arcade Stage Ver.2 (アーケードゲーム) 頭文字D Special Stage (PlayStation 2) 頭文字D ARCADE STAGE Ver.3 (アーケードゲーム) 頭文字D STREET STAGE (PlayStation Portable) 頭文字D ARCADE STAGE 4 (アーケードゲーム) 頭文字D ARCADE STAGE 4 改(アーケードゲーム)※4のバージョンアップ版 頭文字D EXTREME STAGE (PlayStation 3) 頭文字D ARCADE STAGE 5 (アーケードゲーム) 頭文字D ARCADE STAGE 6 AA(アーケードゲーム) 頭文字D ARCADE STAGE 7 AA X(アーケードゲーム) 頭文字D ARCADE STAGE 8 インフィニティ(アーケードゲーム)※アーケード版現行作以下の作品はARCADE STAGEシリーズには含まれないが、セガから配信された作品。
頭文字D ArcadeStage
『頭文字D ARCADE STAGE』より : 『頭文字D ARCADE STAGE』(イニシャルディー・アーケードステージ)とは、セガのAM3研(旧・セガ・ロッソ → ヒットメーカー)が開発し、セガ・インタラクティブ(2015年3月まではセガ)より発売された、頭文字Dをゲーム化したレースゲームシリーズである。 シリーズのラインナップ 頭文字D Arcade Stage (アーケードゲーム) 頭文字D Arcade Stage Ver.2 (アーケードゲーム) 頭文字D Special Stage (PlayStation 2) 頭文字D ARCADE STAGE Ver.3 (アーケードゲーム) 頭文字D STREET STAGE (PlayStation Portable) 頭文字D ARCADE STAGE 4 (アーケードゲーム) 頭文字D ARCADE STAGE 4 改(アーケードゲーム)※4のバージョンアップ版 頭文字D EXTREME STAGE (PlayStation 3) 頭文字D ARCADE STAGE 5 (アーケードゲーム) 頭文字D ARCADE STAGE 6 AA(アーケードゲーム) 頭文字D ARCADE STAGE 7 AA X(アーケードゲーム) 頭文字D ARCADE STAGE 8 インフィニティ(アーケードゲーム)※アーケード版現行作以下の作品はARCADE STAGEシリーズには含まれないが、セガから配信された作品。
頭文字D THE MOVIE
『』より :
頭文字D Special Stage
『』より :
頭文字D Second Stage
『』より : 『頭文字D』(イニシャル・ディー / 英語表記: Initial D) は、しげの秀一による日本の漫画作品、またそれを原作にしたテレビアニメと映画を指す。通称「イニD」。峠道において自動車を高速で走行させることを目的とする、走り屋の若者たちを描いた作品である。 漫画は『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて、1995年30号から2013年35号まで連載された。単行本はヤンマガKCより全48巻。 峠の走り屋を扱うしげのの漫画作品としては、『バリバリ伝説』『トンネルぬけたらスカイ☆ブルー』に続く3作品目となる。本作ではアマチュアドライバーの主人公が関東各地の猛者との対戦を重ねながら、“公道最速”を目指していく姿が描かれている。また、主人公が属する精鋭チーム「プロジェクトD」の県外遠征を、各エリアの有力チームが迎えうつという対抗戦も本作の特徴である。 作中に登場する秋名山(あきなさん)は架空の地名であり、実在しない。そのモデルは群馬県にある上毛三山の一つ、榛名山(はるなさん)。その他の地名は実名。 作品の舞台となる年代は、第一話の冒頭に199X年と表記されているが、ランサーエボリューションVIIやZ33型フェアレディZなど、2001年以降に発売された車も登場しており、現実とは時間軸が異なる。
頭文字D Third Stage
『』より : 『頭文字D』(イニシャル・ディー / 英語表記: Initial D) は、しげの秀一による日本の漫画作品、またそれを原作にしたテレビアニメと映画を指す。通称「イニD」。峠道において自動車を高速で走行させることを目的とする、走り屋の若者たちを描いた作品である。 漫画は『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて、1995年30号から2013年35号まで連載された。単行本はヤンマガKCより全48巻。 峠の走り屋を扱うしげのの漫画作品としては、『バリバリ伝説』『トンネルぬけたらスカイ☆ブルー』に続く3作品目となる。本作ではアマチュアドライバーの主人公が関東各地の猛者との対戦を重ねながら、“公道最速”を目指していく姿が描かれている。また、主人公が属する精鋭チーム「プロジェクトD」の県外遠征を、各エリアの有力チームが迎えうつという対抗戦も本作の特徴である。 作中に登場する秋名山(あきなさん)は架空の地名であり、実在しない。そのモデルは群馬県にある上毛三山の一つ、榛名山(はるなさん)。その他の地名は実名。 作品の舞台となる年代は、第一話の冒頭に199X年と表記されているが、ランサーエボリューションVIIやZ33型フェアレディZなど、2001年以降に発売された車も登場しており、現実とは時間軸が異なる。
頭文字D Extra Stage インパクトブルーの彼方に…
『』より :
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン