ブックオフオンライン
Home > モーニング > 大阪vs.ETUの一戦は前半は2-0で折り返し

大阪vs.ETUの一戦は前半は2-0で折り返し

2008/06/07 
[GIANT KILLING]
河野

大阪ガンナーズ対イースト・トーキョー・ユナイテッド(通称ETU)の注目の一戦は、ハウアーのヘッド、さらには窪田のゴールと、自慢のFW陣の活躍で危なげないゲーム運び。ETUは司令塔のジーノの不調もあり、1本しかシュートが撃てない苦しい展開だった。

ハーフタイムのETU側ロッカールームでは黒田選手が杉江選手に激しく食ってかかるなど、重苦しいムードだったが、達海監督は「これから俺達の大逆襲が始まるんだぜ?」と強気なコメントを残した。
後半戦のETUの立て直しに期待がかかる。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

河野(177) モーニング , ,

Wikipedia情報:GIANT KILLING
GIANT KILLING
『GIANT KILLING』(ジャイアントキリング)は、ツジトモによる日本の漫画作品。原案・取材協力は綱本将也。『モーニング』(講談社)にて、2007年6号から連載されているサッカー漫画。略称は「ジャイキリ」。2010年にテレビアニメが放送された。 前作『U-31』において、ベテラン選手の苦悩と葛藤、復活を描いた原作者の綱本将也と、漫画家のツジトモにより大物喰い好きな弱小プロサッカークラブの監督を主人公に描く。タイトルの「ジャイアント・キリング」とは、「番狂わせ」「大物食い」を意味する言葉であり、スポーツ競技において、実力差がある格上の相手に対し、格下が勝利を挙げた場合に使う。 なお、ETU(East Tokyo United)以外で、この作品に出てくるクラブ名は、全て実在するクラブ名をもじったものである(例:東京ヴェルディ→東京ヴィクトリー、ガンバ大阪→大阪ガンナーズなど)。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン