ブックオフオンライン
Home > 月刊少年マガジン > BECK、グレイトフル・サウンドを締めくくる

BECK、グレイトフル・サウンドを締めくくる

2008/06/07 
[BECK]
河野

国内最大級ロックフェスティバル「グレイトフル・サウンド」にて、BECKがメインステージでトリを飾った。全世界で3000万枚以上のアルバムセールスを誇る、The Dying Breedの最後の楽曲、「DEVIL’S WAY 」を継いだということもあり、彼らを一目見ようと、メインステージには大勢の観客が集まった。

台風のため、一時は演奏中止も危ぶまれたが、無事演奏が開始されると、観客は多いに盛り上がった。演奏終了後、アンコールは中止とアナウンスされるも、観客は興奮が収まらず、アンコールを繰り返し、BECKもそれに応え「OUT OF THE HOLE」を演奏。
会場は観客の大合唱に包まれ、感動の中、今年のグレイトフル・サウンドは幕を下ろした。

なお、メインステージを務めたBECKだが、今後は全国コンサートツアーを予定している。グレイトフル・サウンドを熱狂させた彼らの熱気を感じたい方はぜひ足を運んでいただきたい。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

河野(177) 月刊少年マガジン ,

Wikipedia情報:BECK
BECK
『ベック』より : ベック(Beck)は人名。 ベック (歌手)(ベック・ハンセン) - アメリカのロック歌手。 アンドレアス・ベック - ドイツのサッカー選手。 アーロン・ベック - アメリカの精神科医。 ウルリッヒ・ベック - ドイツの社会学者。 クルト・ベック - ドイツの政治家。 ケント・ベック - アメリカのソフトウェア技術者。 ゴードン・ベック - イギリスのピアニスト。 ジェフ・ベック - イギリスのギタリスト。 ベック・ボガート & アピス - ジェフ・ベック、ティム・ボガート、カーマイン・アピスが結成したパワートリオ。 ベック・ボガート & アピス - デビュー・アルバムにして唯一の公式オリジナル・アルバム。 ベック・オラ - 1969年リリースのジェフ・ベック・グループのアルバム。 ライヴ・ベック! - 2003年にリリースされたジェフ・ベックのライヴ・アルバム。 ジョー・ベック - アメリカのギタリスト。 ベック - ジョー・ベックによるアルバム。 ボルカー・ベック - ドイツの政治家。 ユゼフ・ベック - ポーランドの政治家、外交官、軍人。
BECK (漫画)
『BECK』(ベック)は、ハロルド作石による日本の少年漫画・音楽漫画作品、およびそれらを原作とするテレビアニメ、実写映画、コンピュータゲーム。 1999年から2008年まで『月刊少年マガジン』(講談社)で連載し、2002年に第26回講談社漫画賞少年部門受賞。2004年10月6日からは本作を原作とするテレビアニメが放送され、2010年9月4日には実写映画『BECK』が公開された。 『ゴリラーマン』、『ストッパー毒島』で知られるハロルドにとって初の少年漫画である。KCデラックス (KCDX) サイズの単行本全34巻とガイドブック4巻が発売され、累計発行部数は1200万部を超える。単行本限定版に付属したコユキのフィギュアに合わせたスケールでギブソンなどのギター、ベース、ドラム(第三弾)のミニチュアが、2008年6月現在第4弾まで発売されている。 作品の世界は『ゴリラーマン』や『バカイチ』、『ストッパー毒島』と同一世界であるとの設定を持っており、時おり他作品の登場人物が脇役的に登場している。
BECK (歌手)
『ベック (歌手)』より : ベック・ハンセン(Beck Hansen、1970年7月8日 - )は、カリフォルニア州ロサンゼルス出身のアメリカ合衆国 アメリカの歌手。本名ベック・デヴィッド・キャンベル(Beck David Campbell)。
ベック・ハンセンの両親は共に芸術家であるが、両親は幼い時に離婚し、兄弟と共に母であるビビ・ハンセンの元に引き取られた。ロサンゼルスで都市の様々な音楽に触れながら、母の仕事である芸術を見て育った。このときの経験が彼の後の音楽性を決定することになる。1980年代半ばに高校を中退し、様々な場所を訪れた。ドイツでは母方の祖父で芸術家のアル・ハンセンの元を訪れ、1960年代に流行した芸術運動であるフルクサスに祖父の手引きで触れる。他にもニューヨークなどを訪れ、1980年代後半に流行したパンクの影響を受けたアンチフォーク音楽運動に関わった。

BECK’S COFFEE SHOP
ファイル:Beck”s coffeeshop kinshicho.jpg thumb 250px 錦糸町駅ホーム店
BECK”S COFFEE SHOP(ベックス・コーヒーショップ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の子会社であるジェイアール東日本フードビジネス(ジェフビー) が運営およびフランチャイズ展開している喫茶店 コーヒーショップ。関東地方 関東のJRの鉄道駅 駅構内(駅ナカ)および駅の周辺に店舗を展開している。
コーヒーは作り置きをせず注文を受けてからコーヒー豆を挽き始めるなど、品質の高さを売りにしている。またアイスコーヒーに関しては、時間をかけて水から抽出する「水出し方式」で作っているなど、味だけでなく作り方にもこだわりが伺える。
その他にホットドッグやサンドウィッチ、ケーキなどのファーストフードも取り扱っており、バンズは全て手作りのものを使用しているなど、こちらも品質を重視している。

BECK'S COFFEE SHOP
BECK'S COFFEE SHOP(ベックス・コーヒーショップ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の子会社であるジェイアール東日本フードビジネス(ジェフビー) が運営およびフランチャイズ展開しているコーヒーショップ。関東のJRの駅構内(駅ナカ)および駅の周辺に店舗を展開している。 サービス コーヒーは作り置きをせず注文を受けてからコーヒー豆を挽き始めるなど、品質の高さを売りにしている。またアイスコーヒーに関しては、時間をかけて水から抽出する「水出し方式」で作っているなど、味だけでなく作り方にもこだわりが窺える。 その他にホットドッグやサンドウィッチ、ケーキなどのファーストフードも取り扱っており、こちらも品質を重視している。 ジェイアール東日本フードビジネスが運営するハンバーガー・ベーカリーカフェの「Becker's」と同様に、全店舗でSuica(PASMO)を利用した「Suicaショッピングサービス」での支払いが可能である。
BECK (映画)
『BECK』(ベック)は、2010年9月4日公開の日本映画。ハロルド作石の漫画『BECK』を原作とした青春映画である。松竹・日本テレビ放送網提携作品。 キャッチコピーは「奇跡の出会いによって生まれたバンド、ベック。青春のすべてが、ここにある。」。 原作1巻から10巻までの内容を元に実写映像化された。 監督は『20世紀少年』や『TRICK』の堤幸彦、主演は『ドロップ』の水嶋ヒロ、『ROOKIES』の佐藤健や桐谷健太ら映画やドラマで高く注目されている俳優を起用。その中で水嶋ヒロ、佐藤健、向井理、忽那汐里は『メイちゃんの執事』でも共演している。 劇中「グレイトフル・サウンド」野外ライブシーンは、フジロックフェスティバルの舞台監督や照明・音響他技術スタッフの協力のもと、2009年フジロック終了翌日に苗場スキー場で撮影された。また堤幸彦は「楽器の描写はもちろんのこと登場人物が身につける服や靴も、無いものは作って原作に忠実に再現した」と小道具や衣装へのこだわりを語っている。
BECK MONGOLIAN CHOP SQUAD
『』より :
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン