ブックオフオンライン
Home > 週刊少年マガジン > 閑静な別荘地で猟奇殺人か

閑静な別荘地で猟奇殺人か

2008/06/06 
[金田一少年の事件簿]
てぬぐい

別荘地として有名な軽井沢でのなかでも、さらに奥まった閑静な一角に建つ洋館「葡萄の館」(火祀暁氏所有)で、火祀九曜氏の遺体が発見された。

現場となった葡萄の館に、偶然宿泊していた金田一一くんの通報により、警視庁刑事部捜査一課が捜査に乗り出している。検死の結果によれば、九曜氏の死亡推定時刻は前夜11時半から12時半の間と見られ、昨日この洋館に宿泊していた人物を中心に、捜査が進められている。

なお、火祀家には黒魔術の儀式が代々伝わっており、今回もその儀式が行われた直後の遺体発見であったため、周囲にはその呪いだと信じる声もあると言う。
金田一くんが居合わせる事件現場では、連続して被害者が出ることが多いため、一刻も早い謎の解明と、犯人の逮捕が望まれる。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン ,

Wikipedia情報:金田一少年の事件簿

ブックオフオンライン