ブックオフオンライン
Home > 週刊少年ジャンプ > ミステリー! 石矢魔高校が一夜にして消失

ミステリー! 石矢魔高校が一夜にして消失

2009/11/18 
[べるぜバブ]
武士

地元でも不良校として有名な「石矢魔高校」が一夜にして全壊、瓦礫の山と化すという謎の現象が起きている。

近所の住民の話によると、前夜、不良たちが集団でたむろしていたようだが、特に校舎を破壊するような重機や騒音はなかったとのこと。

高校の校舎という大型の建築物が、目撃者や音もなく、一夜にして全壊してしまうというミステリー現象の正体はなんなのか?

原因究明に向け、各社とも今後も引き続き取材を行っていく体制をとっている。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

Wikipedia情報:べるぜバブ
べるぜバブ
『べるぜバブ』(BEELZEBUB)は、田村隆平による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2008年37・38号の第4回金未来杯を受賞し、2009年13号から2014年13号まで連載された。話数単位は「バブ○○」。『少年ジャンプNEXT!!』2014 vol.2から2015 vol.1まで「べるぜバブ 番外編」を連載した。 あらすじ 善人とは言い難い人間であり、「天下の不良高校」と言われる石矢魔高校の中でも凶悪無比な強さから「アバレオーガ」と恐れられる男子高校生・男鹿辰巳は、ある日喧嘩の最中に川でおっさんが流れてきておっさんを割ると、中から赤ん坊が出てきてその赤ん坊を拾う。しかし実はその赤ん坊は、普通の子ではなく人類を滅ぼすために魔界から送り込まれた大魔王の息子・カイゼル・デ・エンペラーナ・ベルゼバブ4世(通称ベル坊)だった。ベル坊にすっかり気に入られてしまった男鹿はベル坊の侍女悪魔・ヒルダの監督の下、不本意ながらも魔王の親となり子育てをすることになる。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン