ブックオフオンライン
Home > 週刊少年ジャンプ > 世界最強の男、ついに始動

世界最強の男、ついに始動

2009/11/11 
[ONE PIECE]
武士

世界最強の海賊、“白ひげ”エドワード・ニューゲートさんがついに動いた。

海軍元帥であるセンゴクさんの策略により、白ひげ海賊団傘下の海賊団のひとり、スクアードさんが謀反を起こしたことから、短期決戦を狙っての動きと思われる。

スクアードさんによれば、エドワードさんと海軍の間には密約が結ばれ、傘下の海賊団を生贄に捧げたことが許せなかったとのこと。

それが真実かは未確認だが、エドワードさんはスクアードさんの不意打ちによって致命傷を負い、海賊団の中にも動揺が走ることに。

対するエドワードさんも事態の収拾を図るため、グラグラの実の能力を発動。海賊団を取り巻く氷塊を破壊し「海賊なら信じる者は自分で決めろ」と檄を飛ばし、決着に向け自ら戦いの中心部へと動き出していったようだ。

はたして、これがどちらにとっても最後のカードになるのか? 手負いとはいえ、世界最強の男がついに動き出したことにより、海軍側にも緊張が走っている。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

Wikipedia情報:ONE PIECE

ブックオフオンライン