ブックオフオンライン
Home > 週刊少年ジャンプ > うちはサスケさん、木の葉殲滅を宣言

うちはサスケさん、木の葉殲滅を宣言

2008/06/03 
[NARUTO]
武士

うちはサスケさんが出身でもある、木の葉の里の殲滅を宣言した。それに伴い、サスケさん率いる小隊も「蛇」より「鷹」に名称が変更された。

サスケさんはなぜ、自身の出身でもある、木の葉と戦う決心をしたのか?

もともとサスケさんは、家族やうちは一族を殺したサスケさんの兄でもある、うちはイタチさんを追い、木の葉の里を脱藩していた。その後、イタチさんを倒し、復讐を果たしたサスケさんであったが、同じくうちは一族である、うちはマダラさんの情報提供により、イタチさんについての真実を知ったとのこと。

マダラさんによると、イタチさんはうちは一族と木の葉の里の戦争を止めようとしており、その中でも、弟のサスケさんだけは殺すことができず、その後もサスケさんには憎まれながらも、兄としてサスケさんを見守るような行動を取っていたようだ。

サスケさんは真実を知り、木の葉の里への復讐を決意した模様。さらに、サスケさんの目には新たな車輪眼の力も備わったとの報告もある。
また、サスケさんに情報提供をしたマダラさんだが、以前に木の葉の里を追い出され、今でも憎んでいる、といった発言をしており、今回の情報提供にも何かの企みがあるかと思われる。今後、マダラさんの動向にも注目したい。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

Wikipedia情報:NARUTO

ブックオフオンライン