ブックオフオンライン
Home > 週刊少年ジャンプ > 「疑探偵TRAP」連載再開! 推理マンガブームの到来か!?

「疑探偵TRAP」連載再開! 推理マンガブームの到来か!?

2009/09/02 
[バクマン。]
ソウゾウドウ

10月3日発売の『週刊少年ジャンプ』44号より、巻頭カラーで「疑探偵TRAP」の連載が再開された。

同作品の作画担当、真城最高さんが肝臓疾患で入院したことにより、当初は高校卒業後の来年の4月まで休載となる予定であったが、ペンネーム「亜城木夢叶」の相方、高木秋人さんと行った、編集長への直談判が功を奏したようだ。

しかし、復活を喜んでばかりはいられない。ライバル誌である『少年ウィーク』では、人気推理小説化の紫今日市原作による推理マンガがスタート。さらに『少年ジャンプ』でも45号より、同じく推理物の「怪盗チーター」が新連載開始と、「疑探偵TRAP」と同じジャンルのマンガが一度に二本登場した形となる。

推理マンガブームの到来で、相乗効果による人気の拡大となるか、もしくは潰し合いになってしまうのか。
復帰後の掲載順位が落ちているのも、これからの課題。単行本の2巻が発売となる11月には、完全復活を期待したいところだ。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

ソウゾウドウ(34) 週刊少年ジャンプ , ,

Wikipedia情報:バクマン。

ブックオフオンライン