ブックオフオンライン
Home > 週刊少年マガジン > 青道高校、伊佐敷くんが同点タイムリー

青道高校、伊佐敷くんが同点タイムリー

2008/05/29 
[ダイヤのA]
てぬぐい

夏の甲子園、西東京予選準々決勝、薬師高校対青道高校の試合は序盤から打撃戦のムード。1回の表、青道高校一年生投手、降谷暁くんが、強打を誇る薬師高校に立ち上がりを攻められ、1点を失うも、二年生でキャッチャーの御幸一也くんによる盗殺などで、なんとか最小失点にしのいだ。

その裏の攻撃では、青道高校のそつの無い攻めにより反撃。三年生の伊佐敷純くんのフェンス直撃のタイムリーツーベースヒットで早くも同点に追いつき、なおも得点圏にランナーを置いている。
薬師高校ベンチではエースの真田俊平くんも控えており、先発三野くんの調子を見ながら、早い継投の動きも見せている。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン ,

Wikipedia情報:ダイヤのA

ブックオフオンライン