ブックオフオンライン
Home > 週刊少年ジャンプ > 「疑探偵TRAP」の長期休載が決定

「疑探偵TRAP」の長期休載が決定

2009/07/28 
[バクマン。]
ソウゾウドウ

『週刊少年ジャンプ』に好評連載中の「疑探偵TRAP」が、32号より来年の4月まで休載となることが決定した。

その理由は同作品の作画担当、真城最高さんが肝臓疾患により入院しているためと見られる。真城さんは同級生の高木秋人さんとのコンビで「亜城木夢叶」として、現役高校生ながら週刊連載を開始したばかり。
同時期に連載を始めた、「KIYOSHI騎士(ナイト)」の福田真太さん、「ラッコ11号」の平丸一也さんも見舞いに駆けつけ、入院中ながら作画を続ける真城さんにエールを送ったが、編集部は大事を取ってふたりが高校を卒業するまでの間、休載の措置を取ったようだ。

同じくジャンプの連載作家だった、真城さんの叔父の信弘さん(ペンネームは川口たろう)が急逝した事との関連性を見る向きもある。今後の展開を慎重に見守りたい。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

ソウゾウドウ(34) 週刊少年ジャンプ , ,

Wikipedia情報:バクマン。

ブックオフオンライン