ブックオフオンライン
Home > イブニング > シベリアIIIの概要が判明

シベリアIIIの概要が判明

2008/05/29 
[勇午]
河野

毎朝新聞のキャップ、柿崎栄太さんが別府勇午さんに語った情報によると、洞爺湖サミットの隠し球と噂される「シベリアIII」とは東アジア圏でのエネルギー資源の安定的確保を目指した、天然ガス供給プロジェクトであることがわかった。

具体的には、シベリアのウダ河の河口、シャンタルスキー諸島周辺の海域が天然ガスの宝庫になっていることに目を付け、ここからパイプラインをサハリンに繋ぎ、宗谷海峡の海底経由で北海道に運び、さらにアムール河、ウスリー河沿いを南下して朝鮮半島と中国を結ぶという計画。これが実現すれば原油の消費量が大幅に削減できるため、サミットの主題でもある環境問題、温暖化対策としても非常に効果的だ。

その後、別府さんは六本木ヒルズに今回の交渉のクライアントらしき人物からメールで呼び出されたが、その人物は別府さんの目の前で刺殺された。最後に「K-141ファミリー、交渉してくれ」と告げて絶命した。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

河野(177) イブニング

Wikipedia情報:勇午
勇午
『勇午』(ゆうご)は、原作:真刈信二、作画:赤名修による日本の漫画作品。『月刊アフタヌーン』(講談社)にて1994年から2004年まで連載された後、『イブニング』(同)に移籍し2015年まで連載された。交渉人(ネゴシエーター)の仕事を題材にした先駆的作品。 単行本は『アフタヌーン』連載版が全22巻(アフタヌーンKC)、『イブニング』連載版(イブニングKCDX)が既刊18巻(シリーズを通巻として算出)。なお『イブニング』版では『勇午 the Negotiator』と副題がつけられている。 2004年から2006年にかけて『アフタヌーン』版が文庫化され、『イブニング』版は2011年より刊行されている。文庫化に際しては『勇午 the Negotiator』のタイトルを使用しており、現在のシリーズと共通化が計られている。 また2004年に本作の序盤のストーリーである「パキスタン編」と「ロシア編」がTVアニメ化された。1999年には小説版も出版されている。 成功率97.4%を誇るフリーの交渉人・別府勇午を主人公にした、社会派サスペンス作品。
勇午~交渉人~
『勇午』より : 『勇午』(ゆうご)は、原作:真刈信二、作画:赤名修による日本の漫画作品。『月刊アフタヌーン』(講談社)にて1994年から2004年まで連載された後、『イブニング』(同)に移籍し2015年まで連載された。交渉人(ネゴシエーター)の仕事を題材にした先駆的作品。 単行本は『アフタヌーン』連載版が全22巻(アフタヌーンKC)、『イブニング』連載版(イブニングKCDX)が既刊18巻(シリーズを通巻として算出)。なお『イブニング』版では『勇午 the Negotiator』と副題がつけられている。 2004年から2006年にかけて『アフタヌーン』版が文庫化され、『イブニング』版は2011年より刊行されている。文庫化に際しては『勇午 the Negotiator』のタイトルを使用しており、現在のシリーズと共通化が計られている。 また2004年に本作の序盤のストーリーである「パキスタン編」と「ロシア編」がTVアニメ化された。1999年には小説版も出版されている。 成功率97.4%を誇るフリーの交渉人・別府勇午を主人公にした、社会派サスペンス作品。
勇午 ~交渉人~
『勇午』より : 『勇午』(ゆうご)は、原作:真刈信二、作画:赤名修による日本の漫画作品。『月刊アフタヌーン』(講談社)にて1994年から2004年まで連載された後、『イブニング』(同)に移籍し2015年まで連載された。交渉人(ネゴシエーター)の仕事を題材にした先駆的作品。 単行本は『アフタヌーン』連載版が全22巻(アフタヌーンKC)、『イブニング』連載版(イブニングKCDX)が既刊18巻(シリーズを通巻として算出)。なお『イブニング』版では『勇午 the Negotiator』と副題がつけられている。 2004年から2006年にかけて『アフタヌーン』版が文庫化され、『イブニング』版は2011年より刊行されている。文庫化に際しては『勇午 the Negotiator』のタイトルを使用しており、現在のシリーズと共通化が計られている。 また2004年に本作の序盤のストーリーである「パキスタン編」と「ロシア編」がTVアニメ化された。1999年には小説版も出版されている。 成功率97.4%を誇るフリーの交渉人・別府勇午を主人公にした、社会派サスペンス作品。
勇午 -The Negotiator-
『勇午』より : 『勇午』(ゆうご)は、原作:真刈信二、作画:赤名修による日本の漫画作品。『月刊アフタヌーン』(講談社)にて1994年から2004年まで連載された後、『イブニング』(同)に移籍し2015年まで連載された。交渉人(ネゴシエーター)の仕事を題材にした先駆的作品。 単行本は『アフタヌーン』連載版が全22巻(アフタヌーンKC)、『イブニング』連載版(イブニングKCDX)が既刊18巻(シリーズを通巻として算出)。なお『イブニング』版では『勇午 the Negotiator』と副題がつけられている。 2004年から2006年にかけて『アフタヌーン』版が文庫化され、『イブニング』版は2011年より刊行されている。文庫化に際しては『勇午 the Negotiator』のタイトルを使用しており、現在のシリーズと共通化が計られている。 また2004年に本作の序盤のストーリーである「パキスタン編」と「ロシア編」がTVアニメ化された。1999年には小説版も出版されている。 成功率97.4%を誇るフリーの交渉人・別府勇午を主人公にした、社会派サスペンス作品。
勇午~交渉人~ 2nd Negotiation ロシア編
『』より :
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン