ブックオフオンライン
Home > モーニング > 大阪vsETU、前半で早くも2-0に

大阪vsETU、前半で早くも2-0に

2008/05/26 
[GIANT KILLING]
河野

大阪ガンナーズ対イースト・トーキョー・ユナイテッド(通称ETU)は、20歳のFW窪田選手のゴールで前半で早くも2点のリードを奪った。ETUはGK緑川選手が再三の好セーブを見せていたが、ついにゴールを奪われた。左ウイングの畑選手のパスを受けた窪田選手が冷静に流し込んでの得点。

窪田選手は日本代表のブラン監督も評価する若手。大阪の攻撃は途切れないところに怖さがあるが、それを実質的に支えるのは窪田選手で、そのこぼれ球をことごとく拾う洞察力と判断力はETUの達海監督も注意していただけ苦しい展開になってしまった。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

河野(177) モーニング , ,

Wikipedia情報:GIANT KILLING
GIANT KILLING
『GIANT KILLING』(ジャイアントキリング)は、ツジトモによる日本の漫画作品。原案・取材協力は綱本将也。『モーニング』(講談社)にて、2007年6号から連載されているサッカー漫画。略称は「ジャイキリ」。2010年にテレビアニメが放送された。 前作『U-31』において、ベテラン選手の苦悩と葛藤、復活を描いた原作者の綱本将也と、漫画家のツジトモにより大物喰い好きな弱小プロサッカークラブの監督を主人公に描く。タイトルの「ジャイアント・キリング」とは、「番狂わせ」「大物食い」を意味する言葉であり、スポーツ競技において、実力差がある格上の相手に対し、格下が勝利を挙げた場合に使う。 なお、ETU(East Tokyo United)以外で、この作品に出てくるクラブ名は、全て実在するクラブ名をもじったものである(例:東京ヴェルディ→東京ヴィクトリー、ガンバ大阪→大阪ガンナーズなど)。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン