ブックオフオンライン
Home > ヤングマガジン > オリンピック金メダリスト、高校生に敗れる

オリンピック金メダリスト、高校生に敗れる

2009/06/09 
[喧嘩商売]
武士

柔道オリンピック100kg超級金メダリスト、金田保さんが、16歳の高校生、佐藤十兵衛さんに敗北するという大番狂わせが起きた模様。

この謎の高校生、佐藤さんは古武道である富田流を操り、以前にはプロレス選手である、サーモン森さんを打倒した経歴を持っているなどその強さはかなりのもの。今回の決め技も永遠に攻撃し続けるという戸田流の必殺技「煉獄」を決め、金田選手にダウンすら許さない非情の攻めを見せている。

金田選手も金メダリストの意地を見せ、佐藤さんを2度のダウン、戦闘不能近くまで追いこんだが、佐藤さんの繰り出す戸田流必殺技、任意で火事場の馬鹿力を引き出すという「無極」の前にはそのダメージも無力化、佐藤さんに反撃され倒されてしまった、

高校生とはいえ、オリンピック金メダリストを倒した佐藤さん、今後はどんな相手と戦っていくのか?
ぜひ、人類最強と言われる、田島彬さんへと挑戦してほしいところである。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

武士(221) ヤングマガジン ,

Wikipedia情報:喧嘩商売
喧嘩商売
『喧嘩商売』(けんかしょうばい)は、木多康昭による漫画作品。『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて2005年28号(6月13日発売)より連載され、2010年40号(9月6日発売)で第一部を完結。単行本は全24巻。長期休載を経て2014年2・3合併号(2013年12月9日発売)より第二部が開始し、『喧嘩稼業』(けんかかぎょう)とタイトルが改められ連載が再開されている。単行本は既刊6巻。 高校生である主人公・佐藤十兵衛の格闘技や喧嘩にまつわる一連のストーリーを軸にした格闘漫画。同等の条件下で単純な格闘技の実力比べだけでなく、相手よりも優位に立つために様々な策略を巡らせることも多いのが特徴。シリアスな展開だけでなく時事ネタや下ネタ、ブラックジョークを盛り込んだギャグも多い。時折、様々なキャラクターに関する短編エピソードが伏線として挿入される。 作画にはコンピュータグラフィックスが取り入りられている。単行本には、本掲載時より大幅に加筆されていることが多く、また巻末には、作者のアシスタントや担当編集者をネタにした描き下ろし漫画も掲載される。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン