ブックオフオンライン
Home > 週刊少年マガジン > フィールズ賞の栄冠、日本人に輝く

フィールズ賞の栄冠、日本人に輝く

2009/06/04 
[弑逆契約者ファウスツ]
てぬぐい

数学界のノーベル賞とも言われる、フィールズ賞*の授賞式が、スペインはマドリードで開催され、「ゾブーリンの遺題」を証明した、円堂博人君が栄冠に輝いた。

1954年小平氏、1970年広中氏、1990年森氏に続く、日本人4人目の受賞で、初の10代の受賞者となった。

ノーベル賞に数学賞がないことから、カナダ人数学者ジョン・チャールズ・フィールズ (John Charles Fields) の提唱によって1936年に作られた賞。
4年に1度開催される国際数学者会議 (ICM) において、顕著な業績をあげた40歳以下の若手の数学者(4名まで)に授与される。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン ,

ブックオフオンライン