ブックオフオンライン
Home > 週刊少年マガジン > シングルス決勝、古賀くんにレッドカード

シングルス決勝、古賀くんにレッドカード

2008/05/18 
[スマッシュ!]
河野

高校選抜大会、個人戦男子シングルス決勝は第1セットにまさかのレッドカードが飛び出した。第1セットは一時は16-0と、古賀大輔くんが左利きの優位性を活かして圧倒的に攻め立てたが、そこから対戦相手の東城第二高校の東翔太くんが粘りを見せていたところだった。ポイントは20-15と古賀くんのセットポイントだっただけに残念な事態になった。

古賀くんは審判に対して非紳士的な言動を繰り返したため、主審はレッドカードを提示した。なお、バドミントンのレッドカードはサッカーとは違い、即刻退場ではなく、「フォルト」を取られる。スポーツマンらしくない行為に対して出される点では同じで、イエローカードも存在する。さらにひどい場合、審判は競技委員長と協議しブラックカードが出されて「失格」となる。

今後の試合展開にどんな影響が出るのか、注目される。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

河野(177) 週刊少年マガジン ,

Wikipedia情報:スマッシュ!

ブックオフオンライン