ブックオフオンライン
Home > ビッグコミックオリジナル > 景浦親子の活躍でホークスが開幕戦勝利

景浦親子の活躍でホークスが開幕戦勝利

2009/04/06 
[あぶさん]
河野

秋山新監督のもとで開幕する新生ソフトバンクホークスが、開幕戦でオリックスバファローズに1-0で勝利した。景浦の息子で今シーズンからホークスに加入した景虎選手が、WBC代表でもあるバファローズの小松選手に投げ勝った。

ホークスは初回2アウトから出塁した松中選手を、4番に座った景浦選手が左中間フェンス直撃のタイムリーで返した1点を、景虎選手が完封で守りきった。

今年で引退を表明している景浦選手にとって、親子での開幕戦勝利、親子での開幕ヒーローインタビューは最初で最後になると思われる。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

河野(177) ビッグコミックオリジナル ,

Wikipedia情報:あぶさん
あぶさん
『あぶさん』は、水島新司による日本の野球漫画。1973年から2014年4号まで『ビッグコミックオリジナル』(小学館)にて連載された。酒豪の強打者・「あぶさん」こと景浦安武(かげうら やすたけ)を主人公とする。2014年2月の終了時点では、日本で最も長く連載が続いたスポーツ漫画である。 第22回(1976年度)小学館漫画賞青年一般部門受賞作品。 「あぶさん」こと景浦安武は、1946年12月17日生まれで新潟県新潟市出身。その通称は、非常に強いリキュール「アブサン」(Absinthe)と名前の音読み(安武→あぶ)に由来する。南海の藤原満、ロッテの有藤道世、阪神の田淵幸一、広島の山本浩二らと同期である。 景浦は、高校時代に二日酔いで地方予選・決勝戦に出場。酒の臭いをニンニクで隠して飛距離155m以上のサヨナラ本塁打を放つが、ベースランニング中の嘔吐で飲酒がバレてしまい、優勝は取消しとなる。その後、社会人・野花食品を経て北大阪電気に進むも、試合中のプレーをめぐって監督とトラブルになり、懲戒免職。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン