ブックオフオンライン
Home > イブニング > 洞爺湖サミットでの最大の目玉は「シベリアⅢ」

洞爺湖サミットでの最大の目玉は「シベリアⅢ」

2008/05/15 
[勇午]
河野

洞爺湖サミットで用意されている最大の目玉は「シベリアⅢ」と呼ばれる何かであるという情報が入った。議長国として本サミットを主催する日本は、地球温暖化対策の合意や国際協力といったすでに発表されているテーマ以外に、インパクトのある隠し球として用意されたものらしい。「シベリアⅢ」という名称から、ロシア周辺に関する何かであると予想される。

国際的なテロリストであるイリア・シュケルがすでに極秘裏に日本に入国しているという噂もあり、もしサミットに出席する首脳が殺害されるようなことがあれば、日本はG8から脱落することになる。

なおこの情報は毎朝新聞のキャップ、柿崎栄太さんによるもので、柿崎さんは交渉人として名高い、別府勇午さんと大学の同期。別府さんは今回のイリア・シュケル密入国にも関与していると警察がマークしている。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

河野(177) イブニング

Wikipedia情報:勇午
勇午
『勇午』(ゆうご)は、原作:真刈信二、作画:赤名修による日本の漫画作品。『月刊アフタヌーン』(講談社)にて1994年から2004年まで連載された後、『イブニング』(同)に移籍し2015年まで連載された。交渉人(ネゴシエーター)の仕事を題材にした先駆的作品。 単行本は『アフタヌーン』連載版が全22巻(アフタヌーンKC)、『イブニング』連載版(イブニングKCDX)が既刊18巻(シリーズを通巻として算出)。なお『イブニング』版では『勇午 the Negotiator』と副題がつけられている。 2004年から2006年にかけて『アフタヌーン』版が文庫化され、『イブニング』版は2011年より刊行されている。文庫化に際しては『勇午 the Negotiator』のタイトルを使用しており、現在のシリーズと共通化が計られている。 また2004年に本作の序盤のストーリーである「パキスタン編」と「ロシア編」がTVアニメ化された。1999年には小説版も出版されている。 成功率97.4%を誇るフリーの交渉人・別府勇午を主人公にした、社会派サスペンス作品。
勇午~交渉人~
『勇午』より : 『勇午』(ゆうご)は、原作:真刈信二、作画:赤名修による日本の漫画作品。『月刊アフタヌーン』(講談社)にて1994年から2004年まで連載された後、『イブニング』(同)に移籍し2015年まで連載された。交渉人(ネゴシエーター)の仕事を題材にした先駆的作品。 単行本は『アフタヌーン』連載版が全22巻(アフタヌーンKC)、『イブニング』連載版(イブニングKCDX)が既刊18巻(シリーズを通巻として算出)。なお『イブニング』版では『勇午 the Negotiator』と副題がつけられている。 2004年から2006年にかけて『アフタヌーン』版が文庫化され、『イブニング』版は2011年より刊行されている。文庫化に際しては『勇午 the Negotiator』のタイトルを使用しており、現在のシリーズと共通化が計られている。 また2004年に本作の序盤のストーリーである「パキスタン編」と「ロシア編」がTVアニメ化された。1999年には小説版も出版されている。 成功率97.4%を誇るフリーの交渉人・別府勇午を主人公にした、社会派サスペンス作品。
勇午 ~交渉人~
『勇午』より : 『勇午』(ゆうご)は、原作:真刈信二、作画:赤名修による日本の漫画作品。『月刊アフタヌーン』(講談社)にて1994年から2004年まで連載された後、『イブニング』(同)に移籍し2015年まで連載された。交渉人(ネゴシエーター)の仕事を題材にした先駆的作品。 単行本は『アフタヌーン』連載版が全22巻(アフタヌーンKC)、『イブニング』連載版(イブニングKCDX)が既刊18巻(シリーズを通巻として算出)。なお『イブニング』版では『勇午 the Negotiator』と副題がつけられている。 2004年から2006年にかけて『アフタヌーン』版が文庫化され、『イブニング』版は2011年より刊行されている。文庫化に際しては『勇午 the Negotiator』のタイトルを使用しており、現在のシリーズと共通化が計られている。 また2004年に本作の序盤のストーリーである「パキスタン編」と「ロシア編」がTVアニメ化された。1999年には小説版も出版されている。 成功率97.4%を誇るフリーの交渉人・別府勇午を主人公にした、社会派サスペンス作品。
勇午 -The Negotiator-
『勇午』より : 『勇午』(ゆうご)は、原作:真刈信二、作画:赤名修による日本の漫画作品。『月刊アフタヌーン』(講談社)にて1994年から2004年まで連載された後、『イブニング』(同)に移籍し2015年まで連載された。交渉人(ネゴシエーター)の仕事を題材にした先駆的作品。 単行本は『アフタヌーン』連載版が全22巻(アフタヌーンKC)、『イブニング』連載版(イブニングKCDX)が既刊18巻(シリーズを通巻として算出)。なお『イブニング』版では『勇午 the Negotiator』と副題がつけられている。 2004年から2006年にかけて『アフタヌーン』版が文庫化され、『イブニング』版は2011年より刊行されている。文庫化に際しては『勇午 the Negotiator』のタイトルを使用しており、現在のシリーズと共通化が計られている。 また2004年に本作の序盤のストーリーである「パキスタン編」と「ロシア編」がTVアニメ化された。1999年には小説版も出版されている。 成功率97.4%を誇るフリーの交渉人・別府勇午を主人公にした、社会派サスペンス作品。
勇午~交渉人~ 2nd Negotiation ロシア編
『』より :
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン